子どもがゲーム配信者・YouTuberになりたいと言ってきた時の対処法・無料で簡単に体験させて上げる方法

YouTuber・ゲーム配信者は今では子どもの中で将来の夢だったり非常に人気の職業です。

大きくなったらYouTuberになる!

おしゃべりしながらゲームしたい!

こういった事をお子さんに言われている親御さんも多いんじゃないかと思います。

YouTuberもゲーム配信者も見ている分にはとても楽しいし、楽しそうだし、何よりも簡単そうに見えるから憧れるんですよ。ああいう事がしたいし、簡単にできるって思っているんですね。

でも、お子さんがYouTuberばかり目指していたら心配だし、どうしようかって悩むと思います。

なので、お子さんがそういう事を言ってきたら、まずは体験させてみてあげるのが一番の対処法だと思います。きっと実際に自分でやってみたら想像以上に人が見に来てくれなくて面白くないし、配信が思っていた様なクオリティーにできないという事で自然と諦める子どもが多いです。

そこで今回は、無料で簡単にお子さんにゲーム配信を体験させてあげられる方法を紹介します。

編集部

大抵は1回やってみたいだけで、幻想が解ければ諦めてくれますよ!

ゲーム配信を体験させてあげる流れ概要

YouTuberとして動画を出すのもほとんど一緒ですが、本メディアはゲーム配信の事を中心に扱っていますので、今回はお子さんがゲーム配信をしたいと言っている場合の方法をお伝えします。

大体はこのような流れで体験させてあげるとお子さんは満足して終わると思います。

STEP.1
何のゲームを配信したいのか聞いてみる
 
STEP.2
スマホゲームかPS4のゲームに上手く誘導する
 
STEP.3
ゲーム配信を体験させてみる
 
STEP.4
コメントもほとんどつかないのであまり面白くない
 
STEP.5
ゲーム配信者は面白くないからやめる
 

少し大人の汚い部分が見えてしまっていますが、要するにこういう流れです。

スマホゲームかPS4のゲームに誘導するのは、ほかのゲームハードに比べてゲーム配信がしやすいからで、Nintendo Switchなどの場合には必要なデバイスが増えてしまって少し面倒です。PCゲームができるPCならそれでもいいですが、なるべくこの2つに誘導するのがおすすめです。

編集部

スマホゲームとPS4は簡単にゲーム配信がしやすいです!

ゲーム配信には録画とライブ配信がある

ゲーム配信には大きく、プレイを録画して色々な編集を加えてサイトに投稿する動画スタイルと、リアルタイムで配信してコメントなども反映されるライブ配信スタイルの2種類があります。

  1. 動画投稿(録画した動画をアップする)
  2. ライブ配信(リアルタイムで映像を共有する)

おそらくお子さんはいつも見ているものと同じモノを再現してみないと気が済まないと思うので、いつも見ているもの・やりたいものがどちらなのかあらかじめ把握しておくのがいいです。

動画投稿に関しては、編集を入れると格段に面倒くささが上がるので、お子さんにこんなに大変なんだぞって知ってもらうのには良いかもしれませんが、単に1回やらせてみて満足感を持ってもらう様な心持ちなら、親御さんにとってもかなり負担が大きいので編集ナシが良いと思います。

スマホゲームを配信する

録画する場合

スマホゲームの画面を録画する場合には下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事スマホゲーム・ゲームアプリを簡単にライブ配信・録画する方法を解説

IPhoneの場合には「画面収録」という標準機能から録画できますし、Androidの場合には無料のアプリを使う事で録画が可能です。マイクONでお話すればゲーム実況という形で録画できます。

動画のアップロード先はYouTubeが簡単ですね。

YouTubeにアカウントを作成し、動画を投稿するボタンをタップして、あとはアップロードしたい動画のタイトル・動画の説明(概要欄)に記載してアップロードすれば完了なので簡単です。

ライブ配信する場合

Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況

Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況
開発元:Mirrativ, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ライブ配信をする場合は「Mirrativ」というゲーム配信向けのアプリがおすすめで簡単です。

このアプリをダウンロードすれば、ライブ配信の仕方を含めて流れで説明と誘導をしてくれるので、その説明に沿って設定・配信すればゲームアプリの配信が簡単に出来てしまいます。

Mirrativは無料のアプリなので、安心してお子さんに使わせることができるのも嬉しいです。

PS4のゲームを配信する

PS4にはデフォルトでマイクは付いていないので、もしお子さんがお話をしながらゲームをプレイしたい場合には、PS4にマイクを接続する必要があります。イヤホンマイクであれば、コントローラーに差し込むことで接続できますし、USBマイクなら本体に差し込むことができます。

自宅にマイクのデバイスがあればそちらをお使いいただけばいいのですが、もし無い場合には「3,000円」で購入できるSONYのコスパマイクがあるのでコチラを購入するのがおすすめです。

録画する場合

実はPS4は自動的に録画をしているので簡単に任意タイミングで録画開始をする事が出来ます。

・シェアボタンを2回連続で押す

コントローラーについているシェアボタンを2回押すだけで録画開始し、終わるタイミングで再度2回タップすれば録画終了できます。あとはその動画をPS4上でYouTubeに投稿するだけです。

ライブ配信する場合

ライブ配信もPS4のシェア機能から可能で、やり方については下記記事で詳しく書いています。

関連記事10秒で配信開始!PS4でPCを使わずにライブ配信をするやり方・方法を解説

ライブ配信は事前審査があるので、あらかじめYouTubeなどでアカウントを作って準備しておく必要があります。ゲーム配信の前日にはアカウントを作って準備しておくようにしましょう。

子どもに体験させてみることの大切さ

親御さんの中には、YouTuber・ゲーム配信はくだらないと言って、何もさせてあげないまま退けてしまう場合があると思います。もちろん教育方針がおありだと思いますが、きっとやってみたら思っていたほど簡単でも、すぐ楽しいわけでもないので、やめてしまう子がほとんどです。

実際に大人でもゲーム配信をやり始めて、すぐにやめてしまう人の方が多いです。

変にずっとやってみたいという気持ちを引きずって気持ちが強くなる前に、比較的簡単に無料でできる方法があるので、体験させてあげる方がいいのではないかと個人的には思っています。

もちろん子どもによっては配信が面白くて、その場ではやめずにハマるっていう子もいると思いますが、コミュニティー運営したり・知らない人とコミュニケーションをとるというのは生産性のある趣味だと思うので、勉強もしっかりさせつつ、応援してあげてもいいのかなと思います。

いずれにしても、ゲーム配信できる環境であればまず体験させてあげてみてはどうでしょうか。

まとめ:ゲーム配信者・YouTuberになりたいと言ってきた時の対処法

今回はお子さんにゲーム配信したいと言われた時の対処法・方法についてお話ししてきました。

先ほども言った通り、個人的にはまず体験させてみてあげるというのが変に気持ちや夢を増幅させない事にも繋がると思うので、できる環境があればやらせてみてあげたらいいと思います。

YouTube・Mirrativのアカウントの設定などは親御さんがやってあげた方がいいとは思うので少し手間がかかってしまいますが、今回ご紹介してきた方法では無料で比較的簡単にできるので、ぜひチャレンジさせてみてあげてください。親子で一緒に配信してみるのも楽しいかもですよ。

編集部

あんまり面白いゲーム配信ができなかったら子ども自身も納得しますよ!