TwitchでのゲームのLive配信・動画投稿のやり方・手順を「ゲーム配信者」が簡単に解説【ライブ配信】

TwitchはAmazonが資本提携しているゲーム専用の配信サイトです。

どちらかというと海外で人気だったTwitchですがMOBA・FPS・格ゲー等様々なジャンルで日本でも人気の配信サイトになっています。YouTubeと並んで高画質で配信しやすいサイトなので、ゲーム好きな視聴者とコミュニケーションを取りながら配信したい方には最適だと思います。

配信者を支援する様な制度・システムも多くて、Amazonがバックについたことで人気も増しています。今回はそんなTwitchでライブ配信・動画投稿するためのやり方・手順を解説してきます。

編集部

Twitchはゲーム配信専用なのでゲーム好き視聴者も集めやすいですよ!

Twitchでのゲーム配信開始までの簡単フローチャート

STEP.1
Twitchでアカウントを作成
 
STEP.2
Twitchで配信用の設定
 
STEP.3
配信周りのデバイスを設置・設定
 
STEP.4
配信用ソフトをダウンロード
 
STEP.5
配信用ソフトを設定
 
STEP.6
Twitchでのゲーム配信を開始
 

基本的にはアカウントを作った後に自分の環境を整えて配信開始という流れです。

ほぼYouTubeと同じ流れで、サクサク進められるので比較的すぐにゲーム配信を開始できるプラットフォームという印象です。収益化についてはハードルを越えるまでに時間がかかります。

編集部

収益化の条件はYouTubeと同じくらいのハードルの高さです!

Twitchでのゲーム配信までの詳細な手順

1. Twitchでアカウントを作成・配信用設定をする

まず「Twitch」にアクセスすると右上に「登録」という箇所があるので、ゲーム配信を開始するためにアカウントを新規作成しましょう。Twitchは配信も視聴も基本的には無料になっています。

Amazonプライム会員になっている方はTwitchと連携することで様々な特典をもらえるので忘れずに連携しておきましょう。Amazonのページを通じてTwitchアカウントの新規作成から連携まで可能なので、まだアカウントを持っていない人はその方法で作成する方が便利になっています。

下記ページではTwitchアカウントの連携方法などをまとめて解説しているので参考にどうぞ。

関連記事TwitchのAmazonとの連携方法・Twitch Primeのゲーム特典の受け取り方

2. デバイスを設置・設定する

ゲーム配信をするためにはいくつかのデバイスが必要です。

デバイスについて解説すると長くなりますので、詳しくは下記記事で紹介しているのをチェックしてみてください。この記事ではデバイスについては必要な部分だけする形にしていきます。

関連記事ゲーム配信に必要な機材・デバイス・価格まとめ|おすすめ品

まず、PS4・Switchなどのゲーム機を使用する場合には「キャプチャーボード」をPCとゲーム機に接続します。ゲーム映像をPCに取り込むために必要で、PCゲームの場合は不必要です。

声を入れるためには「マイク(USB)」が必要なのと、音声を聞くのに「ヘッドホン」が必要です。どうしてもその辺りを安く済ませたいのあれば一体型の「ヘッドセット」でもOKです。

マイクについてはコチラの記事で詳しく解説していますので選ぶ参考にしてみてください。

関連記事ゲーム配信におすすめのマイクとマイクスタンドをゲーム配信者が紹介

3. 配信用ソフトをダウンロードする

配信用ソフトは基本的に「OBS Studio」という無料ソフトが有名で、使う人も多いです。

わたし自身もOBSを使っていますし、下記記事でも使い方や高画質の設定の方法も解説しているので、DLした後にPCスペックに合わせてコチラの記事を参考に色々と設定をしてみて下さい。

関連記事OBS Studioの使い方・おすすめ設定をゲーム配信者が簡単に解説

関連記事ゲーム配信の画質を良くして高画質にするためのやり方・設定方法を解説

ビットレート6,000 kbps
解像度1920 x 1080
フレームレート60 fps

Twitchで高画質配信をする際の推奨値は上記の通りになっています。

4. 配信用ソフトにTwitch用の設定をする

OBSを使う場合には下記の様な流れでTwitchのアカウントを連携させましょう。

設定」→「配信」→「サービス:Twitch」を選択→「アカウント接続」を選択

Twitchの場合には上記の様に選択すると自動的にアカウントを接続してくれるので非常に便利です。配信ごとに毎回入力等の日本系の配信サイトにある手間も無いのでその辺りが優秀ですね。

OBSを設定し終わったらTwitchのサイトに移動して、右上のアイコンをクリックすると「クリエイターダッシュボード」があるのでそちらをクリックします。左上の「Live」というタブに配信情報がありますので、コチラでタイトルやカテゴリーなどの配信内容の設定をしましょう。

先ほどのOBSの設定でもしストリームキーを求められた場合には、左下の「チャンネル」というタブに「プライマリ配信キー」が記載されているので、コチラをOBSに記載してください。

Twitchのおすすめ設定

Twitchの「チャンネル」タブではライブ配信の「低遅延モード」を選択しましょう。配信したものを動画として残したい方は「過去の配信を保存する」にチェックしておきましょう。

これらの設定が終わったらLive配信を行うだけですので、OBS Studioを起動して「配信開始」ボタンをクリックして開始してください。終了する時は「配信終了」ボタンをクリックします。

Twitchへの動画投稿の仕方

Twitchにも動画という形でゲーム実況などをアップロードすることが出来ますが、基本的にあまりおすすめはしません。動画ならYouTubeの方が視聴する層が多いのでそちらが良いと思います。

ただし、過去の配信アーカイブ(動画)は一定期間が過ぎると削除されてしまうので、それを「ダイジェスト」という形で動画に残すことが可能で、コチラはなるべくやっておきましょう。

先ほどの「クリエイターダッシュボード」から「ビデオプロデューサー」タブを開いて、配信サムネイルをクリックすることで動画として残すことが出来ます。もし新規でTwitchに動画をアップロードしたい場合にもコチラからアップすることが出来るので活用してみてください。

編集部

Twitchで動画を見る人は少ないからライブ配信だけの方がいいかも!

まとめ:TwitchでのLive配信・動画投稿のやり方・手順を解説

今回はTwitchでライブ配信・動画投稿をするやり方・手順を簡単にご紹介してきました。

ライブ配信の画質では「YouTube」と並ぶぐらいに高画質で配信することが出来るポテンシャルを持っているので、特にゲーム好きな視聴者と一緒に楽しみたい場合に向いています。

もし、どの配信サイトでゲーム配信をしたらいいか悩んでいる場合には、各サイトのメリット・デメリットや特徴などを下記記事にまとめているので、参考にしていただけたらと思います。

関連記事ゲーム配信におすすめの動画プラットフォーム・配信サイト比較と収益化の方法