ゲーム配信におすすめのマイクとマイクスタンドをゲーム配信者が紹介|ヘッドセットとどちらが良い?【YouTube】

ゲーム配信にはマイクは必須になってきています。ゲームプレイだけで魅せられるプレイヤーもいますがほんの一握りです。それに、視聴者とコミュニケーションを取るためにはやはりマイクがあった方が身近に感じられて人気も出ますし、チャットをするよりも簡単です。

そこで、今回はゲーム配信におすすめのマイクと設置する時に必要になるマイクスタンドを紹介していこうと思います。また、ヘッドホンとマイクが一体型になった「ヘッドセット」とどちらがいいの?という質問もよくもらうので、私なりのおすすめと意見をお伝えします。

編集部

画質と同じで音質もゲーム配信にそれなりに大切ですよ!

ゲーム配信に向いているマイクの種類

実はマイクといっても色々な種類があって、ゲーム配信に向いているマイクの種類があります。

  • ピンマイクやショットガンマイク:携帯性◎ 音質△ コスパ△
  • ハンドマイクや設置型マイク:携帯性△ 音質〇 コスパ〇

Youtubeだと外にロケに行ったり、室内でカメラに向かって話をする場合が多いですが、出演している人はマイクを手に持ったり画面内に設置型のマイクとかを置いていないですよね?

あれはピンマイクをつけていたり、ショットガンマイクという広い音を拾うマイクをカメラにつけて配信をしているんです。ただ、ゲーム配信ではそういった種類のマイクではなく、ハンドマイク型の音質が良かったり・安価なマイクをデスクに設置して使われることが多いです。

ハンドマイク型のマイクは持ち運ぶ必要がないので、そこ(小型化など)に使うコストを音質に当てられたり、削ってコストを安くしたりしてあるのでゲーム配信をするのに向いています。

「じゃあハンドマイク型にしよう」と思っても、ハンドマイクも2つの構造に分かれます。

コンデンサーマイクダイナミックマイク
価格高価(¥10,000~)安価(¥3,000~)
音質良(特に高音域)中(中音域に対応)
耐久性低(湿気× / 衝撃×)高(衝撃◎)

多くの方がマイクと言われて思い浮かぶのはダイナミックマイクで、カラオケやライブなどで使われるのがこの構造のマイクです。耐久性が高くて安価なのでゲーム配信を始めたばかりの方も入門用に買ったり、友人と通話しながらゲームをする人が買ったりもするような形です。

コンデンサーマイクはレコーディングなどで使うマイクで、耐久性が低いので設置してそこから動かさない事が多いです。音質が良いので「歌ってみた」的な動画にも使われますが、ゲーム配信でも音質の良い人はこのコンデンサー構造のマイクを使っている配信者が多いです。

コンデンサーマイクは注意して選ぼう

コンデンサーマイクは精密機器なので、基本的に特殊なファンタム電源というものが別途必要になります。ただし、USB充電が可能なモデルも発売されているので、ゲーム配信目的でコンデンサーマイクを購入する時には必ずUSBのモデルを選ぶようにしましょう。

ヘッドセットとどちらが良い?

ヘッドセットとはヘッドホンとマイクが一体型になったデバイスで、プロゲーマーが大会などで使用してるのを見る事も多いと思います。ゲーマーと言えばヘッドセットって感じですよね。

よく聞かれるのが「マイク+ヘッドホンにするのとヘッドセットにするのどっちが良いの?」という事です。どちらもメリット・デメリットがあるので下の表にまとめておきますね。

マイク + ヘッドホンヘッドセット
メリット音質が良い・長時間使用◎安価・場所◎・音量が一定
デメリット高コスト・場所×・音量ばらつき低音質・重くて頭に負担

ゲームの大会でヘッドセットを使うのは、スポンサーがヘッドセットを販売しているのと、場所を取らないし設営が簡単だからです。ゲーム配信をする場合には場所は自宅で一定なのでその点は考えなくても良いと思うので個人的には「マイク+ヘッドホン」の方がおすすめです。

別々に揃えるとヘッドセットより高価になる場合が多いですが、メリットのほうが大きいと思います。ヘッドセットは重いので、装着していると結構頭や耳の辺りに負担がかかる感じがあるのが私的にはイチバンネックな部分です。マイク位置が一定になるのは良いんですけどね。

編集部

快適にプレイしながら配信できるのはマイク+ヘッドホンの組み合わせです!

おすすめのコンデンサーマイク・ダイナミックマイク

AT2020USB+ / audio-technica

型式バックエレクトレット・コンデンサー型
指向特性単一指向性
周波数特性20~20,000Hz
電源USB電源(DC5V)
ビット数16bit
対応サンプリング周波数44.1/48kHz
出力コネクターUSB Type B
ヘッドホン出力130mW
ヘッドホン出力端子3.5mmステレオミニジャック
対応OSWindows Vista/7/8、Mac OS X
質量386g
外形寸法φ52×162mm

AT2020USB+はUSB接続可能なコンデンサーマイクで、音質はバツグンに良いです。マイクにヘッドホンを差し込めるのですが、本体についているダイヤルでヘッドホン音量を調整可能なのと、PCの音量・マイク音量のバランスを調整可能なのが非常に便利で本当に重宝します。

AT2020USB+の詳しいレビューは下記記事で扱っているので参考にしてみてください。

関連記事コンデンサーマイク「AT2020USB+」の評価をレビュー

MPM1000U / マランツプロ

タイプΦ14mmバック・エレクトレット・USBコンデンサー
付属品マイクホルダー、USBケーブル
周波数特性20Hz〜17kHz(単一指向性)
電源USBバスパワー対応
サイズ・重量約158 x 48mm、約300g
用途低価格ながら音質アップを実現:ゲーム実況、楽器/ボーカル録音
A/Dコンバーター16bit/48kHz
インピーダンス出力:100Ω ±30%(at 1 kHz)、ロード:≧ 1000Ω
最大SPL132dB(THD ≦ 1%, 1 kHz)
S/N比78 dB

MPM1000UはUSB接続可能なコンデンサーマイクで、コンデンサーマイクなのに非常に安価に購入できるのが魅力的です。安価ですがコンデンサーマイクとしての性能は高くてノイズも少なく音質も良いです。感度が良いので環境音を拾いやすいですが、調整で補いましょう。

AM310 / AVerMedia

接続インターフェイスUSB 2.0 (プラグ&プレイ)
型式コンデンサー
指向特性単一指向性
電源USBバスパワー
周波数 / 周波数特性48,000 Hz / 20 – 20,000 Hz
ビット数 / 最大SPL16 bits / 120 dB SPL
指示ライト青色:通電時 赤色:ミュート時
対応OSWindows(R) 10 / 8.1 / 7 Mac OS
寸法 / 重量90 x 130 x 270 mm (スタンド を含む) / 約468g

キャプチャーボードなどのPC関連のデバイスを多く扱っているAVerMedia製のマイクで、コチラもUSB接続可能なコンデンサーマイクです。マイクにミュートボタン・音量調整用のダイヤルがあるので、音質はもちろん良いのですが、操作性が良いのも魅力的なポイントです。

PCV80U / SONY

指向特性単一指向性
周波数特性80-15,000Hz
正面感度-40dB±3.5dB
本体出力コネクターキャノン XLR-3-12Cタイプ
コード出力コネクター金メッキ3極ミニプラグ
コード長さ約2m
寸法マイク部/約最大径4.3×H16cm、
質量本体/約300g(マイクコード含む)

今回紹介するマイクの中で唯一のダイナミックマイクで、非常に安価ながら音質も良く扱いも簡単なマイクです。YouTubeに限らず多くの実況者の方が使っている事でも有名で、人気が高いモデルです。まずゲーム配信を始めてみようという方にはおすすめしたいマイクですね。

おすすめのマイクスタンド

多くのマイクは購入する時に小さなマイクスタンドが付属している場合が多いです。

ただし、デスクに置くタイプのマイクスタンドだと場所を取りますし、口元までの距離があるのでノイズを拾ってしまったり、逆に声が小さくなってしまったりする場合があります。

そこで「マイクアーム」と呼ばれる、デスクの端に設置して自由な位置にマイクを固定できるスタンドを使うのがおすすめです。非常に安価なので気になる方は試してみてください。

  • マイクスタンド アーム式 / Tonor
  • マイクスタンド 伸縮アーム / antarc

上記のアーム式マイクスタンドを使うのがおすすめですが、マイクアームの差込口とマイクとの相性があるので、自分の使っているマイクがスタンドに対応しているのか調べてみましょう。

おすすめした「Tonor」については「MPM1000U / マランツプロ」を使っていたので対応していますし、「antarc」については「AT2020USB+ / audio-technica」で使っていたので対応しています。他のマイクは付属スタンド運用していたため、マイクアームとの相性はわからないです。

まとめ:ゲーム配信におすすめのマイクとマイクスタンドを紹介

今回はゲーム配信におすすめのマイク・マイクスタンドについて紹介してきました。

なかなかどのマイクにしようか悩むと思いますが、最初は入門用のSONYのダイナミックマイクを使ってみて、足りないと思って来たらコンデンサーマイクに切り替える様な流れが多い様に思います。もちろん最初からコンデンサーマイクを選ぶのも賢い選択だと思いますよ。

関連記事ゲーム配信をするために必要なパソコン(PC)のスペック|グラフィックボード

編集部

ゲーム配信は安いマイクでもまずやってみるのが大切です!