オンラインゲームを快適にプレイするのに必要な回線速度・通信速度の目安とラグの改善方法を解説【Ping】

今のゲームはPS4もSwitchもオンラインサービスを契約しないと十分に遊べないので、基本的に全てのゲームはオンラインゲームと言っていいと思いますが、多くの方がオンラインゲームをプレイしている時に気になる事といえば「回線速度・通信速度」のことだと思います。

ソフトのダウンロードの時間・アップデートにかかる時間から、ゲーム内でのロード時間・動作遅延(ラグ)なども回線速度に影響されます。ロード時間はそこまでゲームプレイ自体には影響しませんが、ラグはプレイ自体にかなり影響する要素なのでなるべく排除したいです。

そこで今回は自分の回線速度がどういう状態なのか確認してもらって、問題がある・快適な環境ではない場合にどうしたらよいのかという改善方法を解説していこうと思います。

編集部

なるべく快適な環境でゲームプレイしたいですよね!

回線速度・通信速度の目安:60Mbps以上

回線・通信の速度は一般的に「Mbps」という単位で表現されます。

回線速度動作の状態
60Mbps~快適にオンラインゲームがプレイ可能
10Mbps~動画をスムーズに視聴・ゲームのプレイが可能
1Mbps~WEBサイト・Twitterなどが閲覧可能
128kbps~メール・LINEなどが使用可能

インターネットの光回線などの表記でよく見かけるのは「1Gbps」という表記ですが「1Gbps = 1,024Mbps」なので、光回線を契約している場合には計算上は「1,024Mbps」出るはずなので全く問題なく快適にゲームがプレイできるはずですが、実際にはそうではありません。

回線業者が提示しているのは「ベストエフォート」という理想値なので、時間帯・使用している人数・地域・LANケーブルなど様々な要因で間違いなく表示されている数値より低くなります。

下り(ダウンロード)速度と上り(アップロード)速度

先ほど示した回線速度の目安に関しては「下り(ダウンロード)速度」の事を指しています。

  • 下り(ダウンロード)速度:一般的な回線速度の事で動画やゲームなどのロードに関連
  • 上り(アップロード)速度:メールを送信したり写真や動画をアップする速度に関連

世間的に言われている回線速度というのはこの下り(ダウンロード)速度のことで、上り(アップロード)速度に関して触れられることはほとんどないので気にしなくても大丈夫です。

自分の回線速度のチェック方法

自分の使っている回線速度・通信速度は下記の関連サイトからチェックすることが可能です。

チェックする方法は簡単で、上記ページで「GO」をタップ・クリックすると、使用している回線の「Ping」「DOWNLOAD(下り速度)」「UPLOAD(上り速度)」の3つが表示されます。

回線速度については先ほど説明した速度の目安と照らし合わせてみてください。もし大幅に速度が遅かった場合には色々な改善方法があるので、紹介する方法を試してみてください。

新しく出てきた「Ping」という値もゲームに大きく関係するのでコチラも解説していきます。

関連サイトSpeedtest

Ping値とタイムラグの関係性

オンラインゲームをプレイしていると「Ping」は目にする機会があると思いますが、あまり良く分かっていない方も多いと思います。ただ「海外の人とマッチングするとPingが悪い」とか「Pingが高いからラグい」とかっていう話は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

  • Ping (ms):応答速度のことでどの位で反応が返ってくるかという反応の速さ
Ping値状態
~10ms超快適
~20ms快適
~40ms普通
41ms~遅い

自分のPCやゲーム機などからコントローラーやマウスなどを使ってキャラクターを動かしたり、何か入力した場合に自分が「Ping」を送っていることになります。その入力に対してどの程度の時間で反映されるかというのがいわゆる「Ping」というモノの考え方になります。

Pingが高い = 入力してから反映されるまでに時間がかかる = ラグい

オンラインゲームはホストと呼ばれるプレイヤーのサーバーをメインとして動くゲームが多く、ホストと他のプレイヤーの距離が離れている・サーバー環境が大幅に違う場合には「Ping」は高くなります。つまり、海外のプレイヤーとマッチングすると「Ping」は高い状態です。

また、自宅の回線の接続の仕方などで元々「Ping」が高い場合もあって「Ping」が高いプレイヤーとマッチングすると、海外プレイヤーでなくても「Ping」が高い状態になることが多いです。

ですので、先ほどのチェックで自身の回線の「Ping」が高かった場合には、回線が弱いプレイヤーとしてラグの原因になっている可能性があります。なるべく改善できるようにしましょう。

編集部

普段からラグい人はPingをチェックしてみよう!

回線速度の改善方法

接続方法を変更する

無線・Wi-Fiで接続しているのであれば、有線接続に変えるだけでもかなり回線速度や「Ping」が改善される場合がほとんどです。無線は非常に便利ですが、どうしても応答速度が遅くなってしまうので、自宅の構造的に難しい場合以外はなるべく有線接続するようにしましょう。

ただし、スマホや携帯ゲーム用にWi-Fiはあった方が便利なので、LANのハブにもなりつつWi-Fiも使えるようになる無線ルーターを持っていない方は購入するのがおすすめです。

LANケーブルを変更する

実はLANケーブルには様々な種類があって、昔のLANケーブルを使っていると、自宅の回線速度自体は速くてもそのLANケーブルで速度を制限してしまっている可能性があります。

  • LANケーブル規格:3(古)~7A(新)

最も古い規格は「3」というモノで、最大10Mbpsしか出せないのでネット回線を変更しても改善されません。光回線を契約していれば最大「1Gbps(1,024Mbps)」の場合が多いので「5e」以上の規格のLANを使用すれば最大限に回線速度を活用することが可能になります。

ルーターからPCやゲーム機へ接続するLANケーブルはもちろんですが、モデムからルーターを繋ぐLANケーブルの規格にも注意するようにしましょう。見逃してる可能性が高いですよ。

自宅のLANケーブルの規格を確認したい場合には、ケーブルの側面に「CATEGORY 6」という形で書いてあるので、チェックしてみましょう。書いていない場合もあるので注意です。

ネット回線を変更する

ADSLなど電話回線を使っていたりする場合には、そもそもの回線速度が不足している場合が多いので、ネット回線を光回線に変更して回線速度を改善することをおすすめします。

キャンペーンなどを適応すれば前の回線の違約金を代わりに支払ってくれたり、比較的簡単に変更することが出来ます。ゲームプレイにおすすめの光回線は下記で紹介しています。

編集部

LANケーブルの規格は見落としがちだから要チェック!

おすすめのネット光回線

光回線は現在どこの会社も会員を取り合っている状況なので、信じられないかもしれませんが、契約するだけで「キャッシュバック」という形で高額の現金がもらえることが多いです。

おすすめのインターネット光回線については下記記事に詳しくまとめてあります。

関連記事おすすめインターネット光回線ランキング|ゲーム・ゲーム配信向けに厳選

第1位 NURO光

とにかく回線速度が速い光回線で、下り最大「2Gbps」となっています。

工事費が無料+キャッシュバックで35,000円もらえるので、遅い回線から乗り換えることのデメリットは正直なところ全く無いですね。ただ、対応しているのが東京都内の一部になっているので、対応していなかったら残念という感じです。エリアは拡大予定なので待ちましょう。

第2位 auひかり

NURO光が非対応・スマホがauのユーザーの場合にはauひかりがおすすめです。

回線速度は下り最大「1Gbps」で速度は全く問題なく、工事費無料+キャッシュバック38,000円は魅力的です。auユーザーは契約スマホ1台ごとに2,000円割引になるのでかなりお得になります。全国的に普及しているので、東京以外の方でも申し込みがしやすいのが良い点です。

第3位 ソフトバンク光

サポートが手厚くて、安心してネット光回線を使いたい方におすすめです。

回線速度は下り最大「1Gbps」で工事費無料+キャッシュバック33,000円とスペックは他の光回線とも引けを取らない感じで、さらに回線工事の前後でネットが使えない時のために無料で「ソフトバンクAir」というWi-Fiを貸してくれます。かなりサポートが手厚いので安心です。

まとめ:ゲームプレイするのに必要な回線速度の目安と改善方法

今回はオンラインゲームを快適にプレイするために必要な回線事情についてお話してきました。

まずは回線速度・Pingの目安を知って、自分の回線速度をチェックして、もし目安より劣っていたら改善策を試してみるというのが大きな流れですね。根本的に光回線を契約するというのが一番だとは思いますが、意外とLANケーブルが原因の事もあるので確認してみてください。

編集部

回線速度って環境によってだいぶ変わるのでまずはチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。