ゲーム配信をするために必要なパソコン(PC)のスペック|グラフィックボード(GPU)は必要?

ゲーム配信をしてみたいけど、自分の持っているパソコン(PC)のスペックで出来るのか分からなくって1歩を踏み出せないという方も多いと思います。確かにゲーム配信といっても配信したいゲームによって難易度が変わるので、個別に聞かないと分かりにくい場合が多いです。

そこで今回は、ゲーム配信をするのに必要なパソコン(PC)のスペック目安とよく聞かれる「配信するのにグラフィックボード(GPU)は必要ですか?」という質問に対して答える様な記事内容にしていこうと思います。用語が分かりにくいですけど、慣れてしまえば簡単です。

編集部

配信したいゲームによって必要なPCスペックやデバイスが変わります!

必要なPCスペックが変わるゲーム配信の種類

必要なPCスペックは下記の2つのどちらをゲーム配信したいかによって大きく変わってきます。

  • PCゲーム:GPUが必須+高スペック
  • ゲーム機(PS4・Switchなど):GPUなし or 最低限+通常スペック

PCゲームを配信したい場合には、GPUを搭載している必要があって、ある程度高スペックPCでないと主流のPCゲームはそもそもゲーム自体が出来ません。ゲーム機(PS4・Switch)の場合にはゲームの処理自体はゲーム機がするのでPC自体のスペックはあまり必要ないです。

グラフィックボード(GPU)ってなに?

グラフィックボード(GPU)とは映像を描画するために必要なパーツです。いわゆるゲーミングPCというのは付け替え可能な高性能なGPUが搭載されているPCで、ゲームなどの動画の描画に優れています。GPUはPCを構成するパーツの中でもかなり高価なパーツです。

つまり、ゲーム配信をする事自体では必要なPCスペックは高くはないけれど、PCゲームをする場合にはそれなりのスペックが必要という事です。何となくお分かりいただけたでしょうか。

ちなみにノートPCでもゲーム配信は無理ではないですが、デスクトップPCに比べてパフォーマンスが劣る場合が多いので、なるべくならデスクトップPCでの配信をおすすめします。

ゲーム配信に必要なPCスペックの目安

PCゲームを配信する場合

PCゲームを配信する場合には、配信しようと思っているPCゲーム自体が推奨しているPCスペックを超えている事がまず第1条件になってきます。試しに人気のゲームの条件を見てみましょう。

Apex Legends最低動作環境推奨動作環境
CPUIntel core i3-6300Intel core i5-3570K
メモリ6GB8GB
GPUGeforce GT640Geforce GTX970 (GTX 1060)
PUBG最低動作環境推奨動作環境
CPUIntel core i5-4430Intel core i5-6600K
メモリ8GB16GB
GPUGeforce GTX960 (GTX 1050Ti)Geforce GTX 1060

最低動作環境だと快適なプレイが保証されてないですし、画質もそこまで上げられないので配信した時にさらに画質が下がることを考えると、推奨動作環境でのプレイが望ましいです。

なので、CPUはCore i5でも良いですがCore i7を購入しておくと安心して対応できますし、メモリは8GBを積んでおいて足りなければ追加で8GBを増設(簡単)するのが良いと思います。

また、グラボは「GTX 1060」でもいいですが「GTX 1060Ti」や「GTX 1070」にしておけば今後新しく出るゲームにも長く対応できると思うので、コスパを考えるとおすすめです。

ゲーム配信Z的おすすめPCスペック

項目おすすめスペック
CPUIntel core i7-9700K
メモリ16GB
GPUGeforce GTX1070

購入するのであれば間違いなくゲーミングPCになるんですが、ゲーミングPCを購入するのであればケチって中途半端な性能にすると長持ちしないし持ち味である画質の良さを体験することが難しい場合があるので、それなりに良いスペックを積むのが個人的にはおすすめです。

それなりにハイスペックをおすすめにしてしまったので、どこかを1ランク・2ランク下げても充分に現在の環境ではPCゲームを楽しみながらゲーム配信も快適にできるスペックです。

ゲーム機のゲームを配信する場合

ゲーム機のゲームを配信する場合には「キャプチャーボード」と呼ばれるデバイスが必要です。

キャプチャーボードってなに?

キャプチャーボードとはゲーム機の映像をPCでも読み込めるデータに変換してくれるデバイスです。ゲーム配信はPCから行うのでゲーム機の映像はたとえモニタに映っていても、PC自体に読み込まれていないと配信には写せないので必ずキャプチャーボードは必要です。

ゲーム配信自体はそこまでPCスペックが高くなくても可能なので、このキャプチャーボードに対応しているスペックであれば問題ないです。キャプボの要件を何個か見てみましょう。

MonsterX / SKNET動作環境
CPUIntel core i5
メモリ4GB
GPU記載なし
GV-USB3 / I-O DATA最低動作環境推奨動作環境
CPUIntel core i3Intel core i7
メモリ4GB8GB
GPUGeforce 600シリーズGeforce 600シリーズ

使いたいキャプチャーボードの種類によって推奨しているスペックにばらつきはありますが、そこまで要求スペックが高いワケではありません。GPUも元々PCに組まれている程度で充分です。

ゲーム配信Z的おすすめPCスペック

項目おすすめスペック
CPUIntel core i5-8400
メモリ8GB
GPUIntel HD Graphics 4000

最近ではCore i5のPCも安くなっているので、なるべくならCore i5以上にするのがおすすめです。メモリは普通にPCを使う上でも絶対に多い方が色々捗るので8GBは必ず搭載した方が良いです。

GPUはゲーム用に特別選ぶ必要は無く、Intelの組み込み型のモノが入っているモデルを選ぶといいと思います。最近のデスクトップPCであれば恐らくほとんどのPCには入っているはずです。

関連記事ゲーム配信におすすめのゲーミングPCランキング|パソコンの選び方

自分のPCスペックの確認方法

自分のPCはゲーム配信のスペック条件を満たしているか確認する方法は下記の通りです。

PCのスペック確認方法(Win 10)

手順1
デスクトップ画面のどこかで右クリックして「ディスプレイ設定」を選択
手順2
左のタブの一番下にあるバージョン情報を選択
手順3
デバイスの仕様から自身のPCスペックを確認

CPUについてはコア数の後の数字(「8400」「6700」など)が大きいほど新しいシリーズです。

また、CPUについては変えるのが大規模になってしまう可能性が高いですが、メモリが足りないという場合には追加で増設することができる場合が多いので、それも検討してみましょう。

PCのGPU確認方法(Win 10)

手順1
デスクトップ画面のどこかで右クリックして「ディスプレイ設定」を選択
手順2
左のタブの一番上にあるディスプレイの中の「ディスプレイの詳細設定」を選択
手順3
表示される「ディスプレイ〇のアダプタープロパティを表示します」を選択して確認

グラボ(GPU)は他のPCスペックの確認方法とは違うので、分けて確認する必要があります。

基本的にゲーミングPCと呼ばれるPCを意図的に購入していなければGPUに「Geforce」系のゲーム用グラフィックボードが搭載されている事はありません。なので、もしPCゲームを配信しようと思った場合には基本的には新しくゲーミングPCを購入する事が必要になってきます。

まとめ:ゲーム配信をするために必要なパソコン(PC)のスペック

今回はゲーム配信をするために必要なパソコンの(PC)のスペックについて解説してきました。

ゲーム配信をするためにはハイスペックなPCが必須だと思われがちですが、ゲーム機を使ってキャプチャーボードでPCに映像を取り込むケースではそこまでPCのスペックは必要ありません。

ただ、ゲーム配信には「画質」というこだわりの要素があるので、高画質配信を目指したい方は下記記事に方法をまとめてあるので詳しい事はコチラを参考にしていただければと思います。

参考記事ゲーム配信の画質を良くして高画質にするためのやり方・設定方法を解説

編集部

ハイスペックPCが必要なのはPCゲームを遊ぶためなんですよ!