PS5のスペックとは?PS4やゲーミングPCと性能を比較してみた

今年の年末頃に発売が予定されているPS5ですが、スペックが発表されました。

ゲームプレイにもゲーミングPCがかなり多く使われる様になってきた中、コンシューマーゲーム機の最新機種という事でどの程度のスペックで発売されるのかは非常に期待されていました。

そこで今回はPS5のスペックを現行機であるPS4と比較しつつ、同程度の価格と思われるゲーミングPC等とも比較して、PS5の機械としての性能やコスパ等について解説していこうと思います。

編集部

ついにプレステも5になりそうです!

PS5のスペック

The Road to PS5
CPUx86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2”, 8コア / 16 スレッド, 最大 3.5GHz
GPUAMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine, 最大 2.23GHz
メモリGDDR6 16GB
ストレージSSD:825GB
その他レイトレーシング アクセラレーション, 4K 120Hz, 8K

主なPS5のスペックは上記の通りですが、CPU・GPUに関しては独自のモノを使っており、現行のCPU・GPUのモデルに合わせて比較すると大体下記の様なスペックになると思われます。

・CPU ≒ Ryzen 7 3700X ≒ Core i7-9700KF

・GPU ≒ RTX2080

これだけみてもかなりハイスペックな内容だという事が分かる位の内容になっています。

メモリも16GBでゲームのみの処理だったら充分ですし、何よりもストレージにSSDを825GB積んでいるのが良いですね。しかもこれに加えてストレージは市販SSDで拡張が可能みたいです。

また、物体の描画をよりリアルにする「レイトレーシング アクセラレーション」をGPUに搭載して「4K 120Hz, 8K」での映像出力も可能という事で映像処理系統も力が入ってる様子ですね。

これに加えてPS4とのタイトルとの互換性を持たせるように開発しているという事で、安心してPS5発売まで気にせずに遊べるワケですね。PS3からPS4の時は互換性が渋かったですからね…。

スペック以外の部分に関して

PS5は色々な部分の単純なスペック以外にもこだわっていて、SSDは最新世代を使用してゲームのロード関連の処理を早くしたり、スペックの数字だけでは語れない部分もあります。

PS4・ゲーミングPCとの比較

PS4のスペック

CPUAMD Jaguar, 8コア / 最大 1.6GHz
GPU1.84 TFLOPS AMD Radeon 800MHz
メモリGDDR5 8GB
ストレージHDD:1TB / 500GB
その他HD, 60Hz

PS4に関してもCPU・GPUは独自のモデルを使っているので、市場にある現行品とは違うのですが、現行品に合わせる形で比較すると大体下記の様なスペックのものと同等だと考えられます。

・CPU ≒ Core i5-2500

・GPU ≒ GTX660Ti

PS4が発売されたのが7年前なので仕方ないのですが、現在のゲーミングPCの最も安いクラスのモノよりも2~3段階程度劣る感じのスペックですね。PS4 Proになるともう少し性能が上がります。

PS4でも充分ゲームを楽しめている気もしますが、PS5とスペックを比べてしまうと「よくそのスペックでゲームできてるね」って位に差が大きくて、買い替えた時の衝撃は大きいと思います。

PS4は映像が60Hzまでしか対応していなかったのでモニターもそれなりのモノで大丈夫でしたが、PS5だと120Hzまで対応なのでゲーミングモニターを選ばないと機能を生かしきれないです。

モニターとフレームレート(Hz)に関して詳しくは下記記事に書いてあるので参考にどうぞ。

関連記事ゲーム配信におすすめのゲーミングモニターランキング|モニターの特徴

とにかく、PS5はPS4とは比べ物にならない位にスペックが高くなっているという感じですね。

ゲーミングPCとの比較(性能と価格)

PS5の性能が高いというのは分かってもらったと思いますが、まだ価格は発表されていません

スペックが高いと価格も当然高くなるはずですが、ゲーミングPCと差別化して一般家庭に普及させるとなると価格は抑えて展開しないといけない背景もあって、色々な予想がされています。

そこで、現行のゲーミングPCと比較してみますが、大体同じスペックのPCが下記のモノです。

モデルGALLERIA AXG
価格199,980円
CPURyzen 7 3700X
GPUGeForce RTX2080 SUPER 8GB
メモリ16GB DDR4
HDDなし
SSD1TB NVMe SSD
詳細公式サイト

SSDの性能が少し違ってきますが、ほぼスペック的に一緒のゲーミングPCなので比較対象としてはいいと思います。価格は約20万円になっているので、これよりは確実に安価になるはずです。

これから考えると妥当な価格帯は15万円程度ですが、家庭用として普及させるには高価なラインから抜けられていないので「10万円前後」というのが1つのラインになるかなという感じですね。

まとめ:PS5のスペックとは?PS4やゲーミングPCと性能比較

今回はPS5のスペックについてPS4やゲーミングPCと性能・コスパ面で比較してみました。

スペックとしては格段にPS4より上昇していて、ゲーミングPCの上位モデルとほぼ一緒程度のかなり高性能なモノになっています。価格については要検討ですが10万円前後の予想になります。

価格面がゲーミングPCとの差別化のかなり大きなポイントなので(同じ価格だったらゲーミングPCを買った方がやれる事が多くて良いので)、今後もPS5の価格面に注目していきたいですね。

編集部

スペック面でも価格面でもかなり楽しみですね!