ゲーム・配信向けのおすすめは実質「NURO光」一択だと思う理由と評価を徹底解説【インターネット光回線】

インターネット光回線ってめちゃくちゃ数が多いですが、個人的にはNURO 光」一択です。

  • オンラインゲームめちゃくちゃ遊ぶ
  • 配信サイトでゲーム配信をする
  • ゲーム実況の動画もかなり見る

私自身がこんな感じなのでインターネット環境は生活の中で重要なポイントだと思っています。

だからこそ真剣にどの光回線を使うのかというのは引っ越しの度に気を使って検討するんですが、何回検討してもやはり「NURO光」が使える場合は他の光回線を選ぶ気にはなれないです。

今回は何でゲームマニアの私が「NURO光」を選ぶのかという理由と評価を解説していきます。

編集部

明らかに他のネット光回線とはクオリティーが違います!

結論:なぜ「NURO光」を選ぶのか?

いきなり結論ですが、なぜ「NURO光」を選ぶのかという最も重要な点をお話します。

・光回線自体が他のプロバイダ(ネット回線会社)と違うから

この1点の理由に全てが集約されています。

NURO光以外のインターネット光回線は色々な名前がついていますが、結局はNTTが用意した光回線を使用しています。NTTから借りて価格やサービスを独自に付けて販売してるワケですね。

よく聞く下記の様なサービスもありますが、全部一緒のNTT系列の光回線を使っています。

フレッツ光・auひかり・ソフトバンク光・楽天コミュニケーションズ光・ドコモ光

つまり、価格・付属サービスは違うんですが光回線自体は一緒なので回線速度は全て一緒です。

引っ越しの時にプロバイダを変えて回線速度が変わった様に感じているかもしれませんが、マンション戸数・配線システム・基地局との距離などが原因で変わっているだけで速度は一緒です。

ただ、NURO光だけは唯一独自の光回線を使っています。コレがNURO光を選ぶ理由ですね。

NURO光以外のサービスを選ばない理由と回線速度

1. ネット回線速度のロス

NURO光だけは独自の光回線を使っているとお話したんですが「NTTの光回線を使っているのであればむしろ安心では?」と思う方もいると思います。安心は安心ですが、速度は遅いです。

最もネックになってくるのがこの回線速度の問題です。

ネット回線会社は「最大1Gbps」や「最大2Gbps」という感じで回線速度を表示していますが、コレは理想値であって自宅で「1Gbps」が出ると言っているワケではない事に注意しましょう。

自宅での回線速度 = 理想値 – (さまざまな速度ロスの要因)

速度ロスの要因は例えば下記の様なモノです。

  • 同じマンションで同時に光回線(ネット)を使っている人が多い
  • マンション内や自宅の配線(LAN)の規格が古い

この他に根本的な要因として、同じ光回線を使っている人数が関係しています。日本のほとんどの家庭はNTTの光回線を使っているので、母数がめちゃくちゃ多くて正直な所パンク寸前です。

パイプに水を流しても、出口がたくさんあったら1つ1つに流れる水は少なくなりますよね?それと一緒で、1つのNTT系列の光回線に対してユーザーの数が多すぎる様な状況になっています。

だから、そもそもNTTの光回線を選んだ時点でかなり大きな速度ロスは免れないという事です。

この理論で言えば日本のほとんどの家庭が「NURO光」を使う様になると「NURO光」の方が大きな速度ロスを負う事になりますが、安定志向が多い日本でそんな事にはならないと思います。

それにNURO光の場合、人数が増えても速度ロスが少なくなる様な秘密があるから大丈夫です。

編集部

NURO光は唯一の独自光回線なので爆速です!

2. ネット回線速度の理想値と接続方法

NTTの光回線の速度ロスが大きい話はしましたが、続いて「理想値と接続方法」の話をします。

  • NTT系の光回線の理想値:1Gbps
  • NURO光の理想値:2Gbps

NURO光は使用人数によるロスが少ないだけでなく、そもそも理想値が2倍なので回線速度的に言えばNTT系の光回線は相手にならないですね。もちろん自宅で2Gbpsは出ないけどスゴイです。

ちなみに、インターネット回線速度の目安は下記の通りです。

回線速度動作の状態
60 Mbps~快適にオンラインゲームがプレイ可能
10 Mbps~動画をスムーズに視聴・ゲームのプレイが可能
1 Mbps~WEBサイト・Twitterなどが閲覧可能
128 kbps~メール・LINEなどが使用可能

NTT系列の光回線だとひどい場合には20~30Mbps程度しか出ない場合もありますが、NURO光であれば少なくとも100Mbpsは期待出来て、300~900Mbpsが普通に出る爆速の環境もあります。

自宅の回線速度のチェック方法

自宅の回線速度は「Speedtest」というサイト内で簡単にチェックすることが可能です。

もちろん地域や環境に依存する部分もありますが、ゲームや動画が好きでネットの回線速度が重要な人やゲーム配信をなるべく良い画質でやりたい方などはNURO光が絶対におすすめですね。

また、さっき「NURO光の速度ロスが少なくなる秘密」と言ったのは特殊な接続方法の話です。

  • NTT系の光回線の接続方法:GE-PON方式
  • NURO光の接続方法:G-PON方式

大して変わらない様に思うかもしれませんが、かなり大きな違いで必要な技術力が段違いです。

この「G-PON」という方式は単純に言えば、速度の伝達ロスがめちゃくちゃ少なくなるんですが、今からこの方式に切り替えようと思うと「開発コスト・機材費用」がエグイ事になります。

だからNTT系は「GE-PON」方式のまま運営していて、この部分でも大きな差が開いています。

NURO光の特徴と料金・サービス内容の比較

NURO光の特徴は、先ほどから比較してきた様に「圧倒的な技術力による回線速度」です。

  • 使っている母数が少なくて速度ロスが少ない
  • 理想値が2GbpsでNTT系の2倍の速度
  • G-PON方式を採用していて速度ロスが少ない

コレらの要因によって、NURO光はNTT系に追随を許さない圧倒的な回線速度を誇っています。

では、残りの料金やサービス内容についてNTT系列と比べてみようと思います。

料金・サービスの比較

NTT系列では光回線自体の性能は同じですが、価格については各社個性を出している部分です。

サービス名月額料金キャッシュバック
NURO光4,743円35,000円
フレッツ光3,350円0円
auひかり3,800円38,000円
ソフトバンク光3,800円33,000円
ドコモ光4,000円25,000円
楽天コミュニケーションズ光4,000円25,000円

月額で言えば他のサービスに比べてNURO光の方が700円~1,000円程度高い形になっています。

この差額は回線速度や技術的に当たり前に高くて仕方ない部分ではあるんですが、パッと見の月額ではなく「キャッシュバック金額」も考慮に入れて月額計算する必要があると思っています。

キャッシュバック金額とは?

ネット光回線の契約では既に当たり前になりつつありますが、契約後に「キャッシュバック」として提示された金額が口座に振り込まれます。他サービスとの差別化の部分です。

キャッシュバック金額に関しては、NURO光は公式でキャンペーンをしているので基本的に固定でこの金額ですが、他の光回線に関しては代理店によって価格が変わってきます。この表よりも高い金額が提示されている場合は厳しい縛りがある可能性もあるので気をつけてくださいね。

キャッシュバックを含めて月額を計算すると、1年間使った場合の自己負担額は下記の通りです。

  • NURO光:56,916円(4,743円 × 12ヶ月)- 35,000円(キャッシュバック)= 21,916円
  • auひかり:45,600円(3,800円× 12ヶ月)- 38,000円(キャッシュバック)= 7,600円
  • ドコモ光:48,000円(4,000円× 12ヶ月)- 25,000円(キャッシュバック)= 23,000円

流石に「auひかり」は月額が安いのとキャッシュバック金額が多いので自己負担金額がグッと安いですが、「ドコモ光」にはむしろ勝っているのでコスパ的にもかなりいい方だと思いますね。

サービス内容の比較

ほとんどの光回線は使う前に「初期工事」というモノが必要になります。

どの会社を選んでも20,000円~40,000円位かかるのですが、ほぼ全ての会社が実質無料(月額から工事費用を割引)になっているので、この部分はあまりサービスとして比較にならないです。

そもそも何で工事費がこんなに高額なのか意味不明な部分もありますよね。ぼったくりです。

その他の部分では、各会社の名前に関連する割引やポイント付与が行われる場合が多いです。

  • au・ソフトバンク・ドコモなど:各キャリアのスマホを持っていると月額料金が割引
  • 楽天・DMMなど:支払いでポイントが付与

NURO光の場合には工事費実質無料はもちろんなのですが、ルーターを別途使わずに無線LANが使えたりセキュリティーサービスが使えたりというサービスがあります。地味に便利な所です。

ただ、唯一NURO光の弱点は、対応している地域が限定されているという所になります。

NURO光の対象地域

【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬 【東海】愛知、静岡、岐阜、三重 【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

随時エリアは拡大していっているんですが、主に本州の真ん中辺りでしか展開していません。

自分の住んでいる地域が対応しているかどうかという事は下記の公式HPからも確認する事ができますので、気になっている方は利用できるか地域の確認だけでもしておくのをおすすめします。

公式サイトNURO 光

注意するべき点・ゲームや配信との相性について

① ネット光回線を決める時に注意するべき点

繰り返しますが、光回線はキャッシュバックも含めて契約が分かりにくいものが多いです。

公式(auひかり・ドコモ光など) → 代理店 → 契約者(私たち)

大体こういう流れで契約する場合が多いのですが、公式でやっているキャンペーンと代理店でやっているキャンペーンは違って、大抵の場合は代理店の方が縛りが多い分だけ内容が良いです。

ただ、個人的には下記の様な縛りがある場合、その代理店では契約しない方がいいと思います。

  • 24ヶ月間の使用
  • 別途電話の契約が必要
  • 別途オプションの契約が必要

大体4万円以上のキャッシュバックがある場合には上記の縛りがついている可能性が高いです。

ちなみに、NURO光の場合には公式(NURO光:ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)が先ほど提示した様なかなり良いキャンペーンをやっているので安心して申し込めます

② NURO光のゲーム・配信との相性

色々な部分からNURO光について解説してきましたが、ゲーム・配信との相性は正直最高です。

オンラインゲームでのラグはまず感じる事はないのが快適ですし、ゲーミングPCやゲーム機(PS4・Switch)の性能をフルに生かすことができるのはNURO光の魅力の1つだと思います。

また、ゲーム配信をする場合にはアップロード速度が重要ですが、余裕でビットレート上限を満たせる速度なので、高画質での配信が可能なスペックを持っているのも良いポイントです。

最も推奨最大ビットレートが高い「YouTube」でも9,000Kbps(90Mbps)なので余裕ですね。

もしめちゃくちゃハイスペックなゲーミングPCやモニターを買っても、光回線が遅いと性能を生かしきれないので、少なくともネット環境は「NURO光」で整えておくのがいいと思います。

編集部

NURO光はゲーム・配信との相性はバツグンです!

まとめ:おすすめは「NURO光」一択だと思う理由と評価

今回はNURO光を選ぶべき理由と評価について解説してきました。

  • 最新の接続方式と独自の光回線で爆速の回線速度
  • 安心の公式キャンペーンでコスパもそれなりに良好

コレらの要素で圧倒的に他のNTT系列の光コラボ回線よりも優れているので、個人的にはずーっと「NURO光」が一択だと思っているので今回、分かりやすい様に細かく分けて解説しました。

引っ越し時に切り替えるのもいいと思いますが、回線速度で悩んでいるのであれば早めに切り替えるのがストレス対策になるのでおすすめです。まずは対応地域をチェックしてみてください。