【グラブル】アーカルムポイントを交換する時のおすすめ交換先を紹介【十賢者】

グラブルをプレイしていると脇道的な感覚のある「アーカルムの転生」と「レプリカルドサンドボックス(砂箱)」ですが、パーティーを強化するのには非常に重要な要素になっております。

そして、知らないうちに溜まっている「アーカルムポイント」は5万ポイントが限度になっていて、いつの間にか溢れそうになっていたりするので適宜何かと交換してあげる必要があります。

何も知らずに変なモノと交換してしまうと、後々必要なモノが分かってきた時に残念な気持ちになるので、それは避けて欲しいという事で今回はおすすめの交換先について紹介していきます。

召喚石5凸と賢者解放・上限解放に必要な素材数

アストライデア文書(2種)ヘイズフラグ金剛玉髄
召喚石5凸107個108個57個277個83個30個1個0個
カード交換30個200個20個0個0個0個0個1個
上限解放0個6個2個9個3個0個0個0個
合計137個314個79個286個86個30個1個1個

アーカルムポイントでどの素材を交換するか考える目安として、上記表が役に立つと思います。

ヴェルム文書はパッと見の数ではかなり多く感じますが、アーカルムの転生の周回でわりとサクッと集まるし、周回場所によって入手の可否がないのもあってそこまで不足する事は無いです。

そのヴェルム文書よりも数が多く、特定の場所を周回してボスも指定しないとなかなか集まらないのが「アストラ・イデア」ですが、砂箱の存在によって収集がやや緩和されている感じです。

アーカルムポイントで交換する場合には、基本的にこの中で収集難易度が高い+必要数が多いものが候補になってきます。イデアは基本的には交換不可(クオーツを使えば可能ですが)です。

アーカルムポイント交換おすすめランキング

第1位 アストラ 1,500

十賢者を仲間にする時に最も不足しがちなのが「アストラ」で、召喚石を最大強化した後のフェイトエピに進むときのカードの交換に「200個」必要なのでポイントで交換する事になります。

砂箱の周回をする事で入手は可能なので、そういう意味ではストッパーにはならないので必須感はありませんが、恐らく交換している数は圧倒的に多いので優先度がイチバン高いと思います。

第2位 セフィラストーン 2,000

地味に足りなくなるのがセフィラストーンで、1つの召喚石に専念して強化という事をしていると不足はあまり起きませんが、複数を同時に進めると一気に足りなくなったりする事が起きます。

数自体はそこまで大量に必要という事は無く、アーカルムを周回する時に属性関わらず入手はできますが、アストラ・イデアの様に複数個手に入る機会は無いので相対的に不足していきます。

砂箱で入手する事はできますが、ドロップ率がアストラ・イデアよりも渋い感じがあるので、周回で手に入るからという甘い気持ちで周回すると悲しい結果に終わったりするので注意ですね。

第3位 星導の天球儀 1,500

アーカルムの転生のボスの種類を変更できるアイテムで、召喚石の強化や十賢者の加入を急がない人には必要ないですが、そんな人はアーカルムをやらないと思うので実際には必須級ですね。

使わなければ毎周アストラ1個分のアーカルムポイントを浮かせるんですがそこは仕方ないです。

第4位 金剛晶 30,000

個数制限があって現在6個までしか交換できませんが、アーカルム石をSSR化する為に必要なので交換の優先度は高いです。ただ、SSR化を同時並行で進められるわけでは無いし、イベントなどで手に入る金剛晶も無いワケではないので、必要な時に都度交換する感じでもいいと思います。

第5位 セフィラ玉髄 40,000

セフィラ玉髄は金剛晶と同様に在庫が3個しかありませんが、十賢者を取得するにあたって必要なので同様に優先度は高いです。こちらもセフィラ玉髄以外の素材系が集まらないケースが多いので、必要な時やポイントが溢れそうな時に先に交換しておくなどという感じで交換しましょう。

アストラやイデアなどと違って砂箱の周回で何とかなるものではなく、アーカルムポイントが無いとどうしようも無いストッパー要素なので、先に交換しておくに越したことはありませんね。

第6位 オーロラヘイズ・カオティックヘイズ 500

ストッパーという意味では金剛晶・セフィラ玉髄に続くのが各ヘイズです。砂箱の周回ではヘイズは入手できないので、無くなった時にアーカルムポイントでしか交換することができません。

しかも毎月の個数制限があるので、一気に大量に入手というのもできないのが困った点ですね。

第7位 アーカルムパス上限UP 2,000

アーカルムパスポートは初期段階だと10枚までしか所持できませんが、上限解放する事で所持数を増やす事ができます。10枚しか持てないと、2枚配布キャンペーンの時に困る事があります。

1回で20枚増やせるので30枚に増やしておくと溢れる心配が無くて便利ですし、個人的には2回拡張して50枚まで増やしておくとだいぶ安心できるかなという感じです。それ以上はお好みです。

絶対に交換しない方がいい交換先

・モニカ:使う機会は無いので趣味用

・探索用アイテム:使う機会はほぼ無いし余る

・月光晶:いらないし必要ならカジノで交換可

・ヴェルム文書:あまり不足しない

・フラグメント;あまり不足しない+レート高すぎ

・セフィラ武器:砂箱で嫌なほど入手可

上記のアイテムはアーカルムポイントの交換先にはおすすめしません。ヴェルム文書がギリギリもしかたら数枚足りない時に交換してもいいかな位で他のモノは絶対にやめておきましょう

具体的なアーカルムポイント交換の指針

もし、アーカルムパスを上限UPしていなければ最優先で1段階拡張しましょう。また、探索で目当てのボスを選ぶために常に星導の天球儀を1つは入手できるポイントは残しておきましょう。

金剛晶・セフィラ玉髄のどちらとも上限解放の時に1つずつ必要ですが、イベントや古戦場で入手できる場合もあるので、開放に必要になる直前までは入手せずに置いておいても大丈夫です。

ただし、ポイントが溢れそうならどの道絶対に交換する事になる金剛晶・セフィラ玉髄と交換してしまってもいいですし、溢れない程度に必要なアストラと交換しておくのもいいと思います。

セフィラストーンも不足する話をよく聞きますが、個人的には不足して交換したことが無いので優先度はあまり高くないかなと思っています。ただし、不足したら交換しても全然アリです。

まとめ:アーカルムポイントを交換する時のおすすめ交換先を紹介

今回はアーカルムポイントの交換先としておすすめの交換先についてご紹介しました。

アーカルム関連は砂箱の登場でだいぶ緩和された部分もありますが、時間をかけないと解決できないトリガーとなる部分もあるので、アーカルムポイントの使い方は結構大切になってきます。

基本的にはアストラと交換するのが無難だと思いますが「交換の指針」に記載した様に自分の状況に合わせての交換が重要になります。絶対に交換しない方が良いモノには気をつけましょう。

関連記事「十賢者ニーア(闇)取得までの日数とアーカルムポイントの使い道