【グラブル】十天衆の限界超越150レベルを見据えた取得順のおすすめと素材について解説

全空最強の10人である十天衆の限界超越150レベルが解放されてその全貌が明らかになりました。

最終上限解放(100レベル)からは10レベルごとに開放条件を満たす必要があり、全キャラを一気に150(130)レベルに到達させるというのは個数制限の素材があるので現実的には不可能です。

そこで今回は150レベルの完成形の十天衆を見据えて、誰をどのレベルまで上げるのがおすすめか、その中でも誰を先に限界超越させるべきなのかという点と素材について紹介していきます。

限界超越のレベルごとの必要素材

110レベルの必要素材

特殊素材:1個

– 朽ち果てた武器3凸:30本

(朽ち果てた武器:120本・星晶の欠片 / ジーン / 宝珠:各7,500個)

– ヒヒイロカネ:1個

– 銀片:200個

六竜素材:50個

光輪 ①:40個

光輪 ②:40個

ダマスカス骸晶:20個

全体的にそれなりに消費しますが、地味に対応する「光輪」の入手が結構めんどい感じですね。

基本的には「エンジェルヘイロー・アーカーシャHL・六竜・4大天司HL」の4つのクエスト周回していれば素材が集まるので、救援に行ったり日課として周回しておくのが大切になってきます。

120レベルの必要素材

〇番天星の欠片:50個

– 天星器3凸:10本

(天星器:40本・朽ち果てた武器40本・星晶の欠片 / ジーン / 宝珠:各2,500個)

蒼天の魂:1個(JP:20,000)

マグナⅡのマグナアニマ:50個

プシュケー:300個

バハムートの紫電角:100個

究竟の証:100個

ルピ:500万

地味にストッパーの要素になりますが最終上限解放に使った素材をもう一回使う様な感じです。それに合わせてマグナアニマやプシュケーなど改めて集めると地味に大変な素材量が必要です。

周回する場合には「各マグナⅡ・六竜・つよばは」の3つのクエストの素材が必要なので、110レベルの周回リストに合わせてこちらも日頃から救援や日課としてこなしておくことが大切です。

130レベルの必要素材

碧麗の証:1個(古戦場勲章:300個交換)

ココが努力ではどうにもならない本格的なストッパーの1つ目で、古戦場の勲章交換で入手以外ではパンフレットの購入で1つは入手可能ですが、それ以外での入手方法は今のところありません。

140レベルの必要素材

黄龍または黒麒麟のマグナアニマ:30個

砂箱ボス素材(ブライト):30個

武器エレメント:2,000個

属性エレメント:2,000個

六竜素材(竜珠):300個

リンドブルム素材(金鱗):50個

ルピ:500万

武器エレメント・属性エレメントが結構な量必要な以外はそこまで重くないですが、四象降臨の周回をサボれないという事とリンドブルム周回は地味に時間がかかって面倒だなという位です。

150レベルの必要素材

特殊素材

– 終末の暗晶:30個

– 漆黒の棘翅;30個

– 狡知の魔角:30個

– 碧麗の証:1個

それぞれ高難易度ボス3体の素材と130レベルでも要求された碧麗の証が必要になります。ここもストッパーになっているので、120レベルと140レベルでストップという事態が発生しますね。

限界超越の各レベル別の十天衆のおすすめ度

110レベルの強化ポイント

奥義効果
ウーノ3ターン味方に与ダメ10%吸収を付与
ソーン3アビ(ダメアビ)2回発動可・3アビ即時使用可
サラーサ斧にディスペル・剣の無属性ダメ回数増加
カトル4ターン味方に水属性の10%追撃を付与
フュンフスロウ効果
シス神狼レベル2段階上昇
シエテ3ターン味方にダメ上限15%UPを付与
オクトー3ターン味方に水属性ダメカット20%を付与
ニオ連撃率ダウン効果
エッセル1アビ即時使用可

・奥義効果が追加(上記表の内容)

・奥義上限が約30万上昇

・ダメージ上限が10%UP(リミットボーナスで取得)

上限の上昇幅が大きいのでキャラパワーの底上げができ、110レベルにする意味は大きいです。

奥義効果において「カトルの追撃付与・フュンフのスロウ・シスの神狼レベル上昇・シエテのダメ上限UP付与」辺りが強いです。ただ、評価には元々のキャラ性能も加味する必要があります。

元々のキャラ性能も含めると「カトル・シス・シエテ」が110レベルの限界超越をするのあれば特におすすめのキャラです。現役でスタメンとして使われている役割があって、加えて強化される奥義効果も強力なので優先度が高めという感じです。ヒュンフ・サラーサも悪くはないですね。

120レベルの強化ポイント

サポアビリミットボーナス
ウーノ火ダメを1万に固定アビダメ上限UP
ソーン弱体効果数に応じて回避率UP弱体成功率UP
サラーサ瀕死で確定TA+30%追撃HPアップ
カトル被ダメ時にダメアビのCT1短縮弱体成功率UP
フュンフターンダメージ軽減弱体耐性UP
シス神狼レベルで回避率UPカウンター与ダメUP
シエテフェイタルチェイン効果UP奥義特殊上限UP
オクトーチェンバ性能UP奥義特殊上限UP
ニオ風キャラの攻防UP・連撃UP弱体成功率UP
エッセルトレハン上限UPアビダメ上限UP

・サポアビが追加(上記表の内容)

・リミットボーナスが追加(上記表の内容)

120レベルは共通強化というのは無いので強化効果が強くなければ110レベルでストップしておくのもアリだと思います。130レベルの効果が強ければ素材が揃ってから一気に上げる感じですね。

単純に強いのは「サラーサ・ニオ」でサラーサはアタッカーとしての強化幅が大きく、ニオは味方のバフ効果が強いです。他キャラについては110になった時ほど魅力的な強化は無い感じです。

130レベルの強化ポイント

アビ強化リミットボーナス
ウーノ被ダメを火属性に変換HPの最も低いキャラをかばう(確率)
ソーン防御ダウン+被ダメ上昇を追加弱体効果に応じて連撃率UP
サラーサ瀕死で3回行動+使用間隔2ターン短縮奥義で2アビ即使用可(確率)
カトルランダムで強化2個付与喪失状態の敵からダメ軽減
フュンフディスペルガード追加味方のアンデット・呪い耐性UP
シス神狼レベル6の時2回行動付与バトル開始時の神狼レベルUP
シエテフェイタルチェインゲージ30%UP付与剣光レベル消費で弱体無効
オクトー奥義特殊上限UP付与奥義でアビCT1ターン短縮(確率)
ニオ会心・通常攻撃与ダメUP付与1アビに攻防ダウン効果追加
エッセルダメ回数10回に変更+ランダム弱体付与アビダメでブレアサ消費しない(確率)

・アビリティーが強化(上記表の内容)

・リミットボーナス(サポアビ効果)が追加(上記表の内容)

130レベルの強化はどのキャラも強力ですが「サラーサ・シス・ニオ」3キャラが特に強いです。特にサラーサとシスはアタッカーとしての強化がとてつもなく伸びているのでおすすめです。

ニオについては120レベルから引き続き、味方の強化が順当に強いなという感じです。その他で言えば「ウーノ・カトル」辺りも悪くないかなという感じで、ウーノは120レベルの効果も含めてダメージ軽減で安定感を増せますし、カトルもバフ・デバフがフルオートで雑に強い感じですね。

140レベルの強化ポイント

・ダメージ上限が5%UP(リミットボーナスで取得)

140レベルの強化幅は全キャラ共通で小さいので、基本的には5凸までの素材が揃ってから一気に150レベルに強化するのがいいと思います。多くのキャラは130レベルで止める事になりますね。

150レベルの強化ポイント

サポアビリミットボーナス
ウーノ被ダメカウンター2回付与通常攻撃与ダメUP
ソーン回避時ダメアビ+スロウアビダメ上限UP
サラーサ水ダメを3,333に固定+ディスペル無効通常攻撃与ダメUP
カトル被ダメで4回ダメージアビ与ダメ上昇
フュンフ瀕死の味方がいる時1アビ(回復)発動回避性能UP
シス回避時に6回ダメージ+神狼レベル上昇アビ与ダメ上昇
シエテフェイタルチェインで予兆解除奥義与ダメ上昇
オクトーチェンバで弱体耐性UP+ディスペルガード奥義与ダメ上昇
ニオ味方のダメ上限UP+ディスペル無効通常攻撃与ダメUP
エッセルトレハンレベル10以上で与ダメUPアビ与ダメ上昇

・サポアビが強化(上記表の内容)

・リミットボーナスが追加(上記表の内容)

130レベル時とほぼ一緒のキャラセレクトですが「サラーサ・シス・ニオ」が引き続き強い感じです。サラーサは硬くなりつつ、ディスペル無効で安定火力+与ダメUPでさらに火力を出して、シスは追加ダメを増やす方向で火力を伸ばしてる感じ、ニオはいるだけで強いし便利な感じです。

150レベルまで解放されてみての十天衆各キャラの考察と評価

110レベルおすすめ:シス > カトル > シエテ > サラーサ = ヒュンフ

130レベルおすすめ:サラーサ = シス > ニオ >>> ウーノ

150レベルおすすめ:サラーサ = シス > ニオ

先にまとめておくと上記が限界超越のおすすめと優先度になります。下記にはそれぞれの十天衆のキャラクターの評価とおすすめレベル等について記載していますので参考にしてみて下さい。

ウーノ

・おすすめ超越:110レベル・130レベル

敵の攻撃を火属性に変換しつつ1万ダメに固定できるので水属性での攻略を安定化させるという意味合いでは強いですが必須感はないという感じです。150レベルの必要性はあまり感じないです。

ソーン

・おすすめ超越:110レベル

120レベル以降の強化がそこまでパッとせず150レベルでの回避時のスロウ追加は魅力的ではありますが、その為に150レベルにする価値があるかと言われれば優先度は低いかなという感じです。

サラーサ

・おすすめ超越:130レベル・150レベル

130レベルまで限界超越した時の火力が凄まじいのと、150レベルでの完成度の高さが評価のポイントです。普通に強い。130レベルでも強いですけどできるなら150レベルにしたい感じですね。

カトル

・おすすめ超越:110レベル

130レベルにすると強化効果がつくので強いですけど、他のキャラに比べると碧麗の証使うほどではないかなという感じです。110レベルの時の強化は強いのでそこは優先してもいいと思います。

フュンフ

・おすすめ超越:110レベル

奥義スロウが付くと強いので110レベルにするのは優先してもいいですが、それ以降の強化はパッとしないので優先度は低いです。150レベルの1アビは強いっちゃ強いけど…という感じですね。

シス

・おすすめ超越:110レベル・130レベル・150レベル

どの段階にしても強いので困ったら「シス」というのは最終上限解放の時から変わらない感じです。130レベル以降を見据えるとサラーサと迷うと思いますがその辺りは各属性のお好みですね。

シエテ

・おすすめ超越:110レベル

シエテは弱くないんだけどバトルシステム2に関する強化点が多くて、120レベル以降の評価が難しいという感じです。予兆解除とかで悪い事できそうですが、優先すべきかというと微妙です。

オクトー

・おすすめ超越:110レベル

奥義軸で雑に強いんですけど雑すぎてイマイチ強さが見えてこない感じはあります。土の奥義軸が現環境ではちょい微妙なので、その辺りの環境にもよりますが現状の優先度は高くないです。

ニオ

・おすすめ超越:110レベル・130レベル・150レベル

ニオは存在してるだけで強いので140レベルを除いてどれもおすすめではあるんですが、アタッカーみたいに確実にパーティー入りするのが確定ではないのでそこだけがやや心配ポイントです。

エッセル

・おすすめ超越:110レベル

エッセルも弱くは無いんですけど、労力に見合うほどの強化かというとそうでもないと思っています。エッセルの一番の特徴であるトレハンが逆に足を引っ張ってる様な感じも否めないです。

まとめ:十天衆の限界超越150レベルを見据えた取得順のおすすめ

今回は十天衆の限界超越に関して最大である150レベルまで揃った段階で考察を紹介しました。

全部のキャラを150レベルまで解放している人はいないので、比較が難しくて効果からの考察の域を出ない部分もありますが、サラーサ・シスに関してはトップはほぼ間違いないと思います。

ただ、限界超越について140レベル以降はホントに趣味趣向だとも思っているので、自分のキャラ愛で選ぶのも全然アリです。素材集めもキツイですが、ぜひ楽しんでプレイしていきましょう。

関連記事「【グラブル】最新版サプチケのおすすめキャラ・召喚石の取得優先度ランキング