【グラブル】アプデ対応|土属性でのスパバハ攻略の方法と担当するムーブについて解説【スーパーアルティメットバハムート】

2022/6/7 アプデ対応追記済

スパバハは最高難易度マルチですが、オメガ武器5凸に素材が必要なので周回の必要があります。

流石にソロでの攻略は厳しいので、個人的には土属性で周回していますが、マルチでも土属性はそれなりには数が必要なので(1~2人程度まで)属性のチョイスとしては悪くないと思います。

そこで今回はスパバハ挑戦したいけど勇気が出ない方の為に土属性での周回方法を解説します。

スパバハでの属性の意味と必要属性

火:攻撃力

水:弱体耐性

土:防御力(解除必須)

風:連撃率

光:無属性ダメ(解除必須)

闇:ディスペル

スパバハは属性に応じて予兆を解除する事で最初は10の「神威レベル」を下げる事ができます。

特に厄介なのは「風属性・土属性・光属性」で「1・2・2」の人数バランスができると最高です。

火属性・闇属性は席がほとんど無く、水属性はアプデによって席がなくなってきた感じですね。

共闘でパーティーを集められればいいですが、大体の場合は野良でやる形になると思うので属性や数を合わせるのは難しいです。ツイ救援などでは気休めに「主土」など書くのもアリですね。

土属性

土属性についてはそもそも予兆を解除するために必要な「1,500万ダメ」というのを各属性が達成する為に、まずは防御力を下げてあげないといけないので、わりと重要な属性になってきます。

とはいえ光属性は火力があって、光属性6人みたいな土属性がいない編成でもクリアできるので最近では1人いればいいかなみたいな所になってきています。2人いてもいいかなという感じです。

特に奥義編成の場合は序盤~中盤で火力が出るのですが、他の属性が必要な予兆解除等を行う期間を無くさない様に、割と抑えて神威レベルはしっかり解除する様な動きの方が求められます

10%以降の削りは結構厳しいのですが、HP2~3%程度は削れるムーブをできると良い感じです。

光属性

光属性は毎ターン5,000という無属性ダメージを減らすのが仕事で、弱体がほぼ入らない最初の方で必中弱体のトール召喚(光が最速なので)をして弱体耐性と防御力を下げる役割もあります。

実際トールの召喚石はみんな持ってきた方がよくて「開幕・75%・50%・30%・10%」みたいなタイミングで効果が切れ次第使えると敵の攻撃も受けやすくて理想的ですが、開幕は溜まるのが早い光属性が担当してあげる事が多いです。トール召喚の有無や数で結構難易度が変わります。

かなり火力が出せるのとリミヴィーラ等を編成して、10%特殊をかばうで主人公が受ける様な形で10%以降も動ける場合が多いので、10%以降の削りも結構期待される属性にはなっています。

現状スパバハにおける最適解の属性だと思います。装備が揃ってれば光属性が安定で強いです。

風属性

風属性は敵の連撃率を下げられるので中盤から終盤辺りの被ダメを抑えてくれる役割として、1人いると安定感が増します。火力も終盤もそれなりな感じですが光と違って複数はいらないです。

水属性

水属性についてはアプデ前までは最後のHP10%を削る要員で、パーティーに1人は欲しい感じでしたが、黒麒麟の枚数が制限されて現在はあまり重宝される属性ではなくなってしまいました。

とはいえ、それでも編成次第で水属性は10%削れるので1人入っててもいいかなという感じです。

土属性のスパバハの大まかな流れとムーブ

3ターン目の予兆解除→75%までに2~3個予兆解除→全体かばうで75%を耐える→52%までに2~3個予兆解除→52%になったら1~2ターンで予兆解除→10%まで耐えつつなるべく削る

ムーブとしては基本的に火力を出し続ける感じで、アビや奥義は予兆解除に使う形になります。

土剣豪などで予兆と関係なく毎ターン奥義を使ったりするのは、他参加者の6ターン毎の特殊トリガーを解除する区間をむやみに減らす事になるのでやめましょう。基本は予兆の解除ゲーです。

予兆の解除は基本的に「1500万ダメ」なので、フルチェ奥義だったりロベリアの3アビの効果が付いているアビを使う事で解除していく形です。特に3ターン目の予兆は確実に解除したいですね。

ちなみに水属性の10%削りを期待する場合は準備が必要なので、75%までにチャットを見ながら準備ができているか様子見しましょう。HPの削りが早すぎると間に合わない可能性があります。

75%のトリガーで「全体無属性4万ダメ+強圧(回復不可効果)」が飛んでくるので、全体かばうなどを使って耐える必要があります。4万なら割と受けられますが、強圧で結構落ちやすいです。

52%になると繭状態になって、毎ターンランダムで「神威レベル」が上がる状態になるので、長く戦っているとせっかく下げた神威レベルが戻ってしまいます。解除条件は5,000万ダメなので、召喚石などを使って1~2ターンで解除しましょう。土属性なら割と簡単に解除できるはずです。

繭が解除されるとバハに再行動や追撃などが付与される状態になってかなりダメージが痛いので、召喚等も上手く使ってカバーしつつ、HP10%までダメージを出し続けて削り切りましょう。

とはいえガッツリ火力を出せばいいというワケではなく、繭解除後の6ターン特殊トリガーを他参加者が解除する期間はちゃんと確保する様に動きましょう。アビ12回使用のトリガーが解除できなく、召喚が不可になってしまって10%以降の火力が足りないみたいな事態もよく発生します。

10%の特殊技は無属性9999万ダメですが「かばう」でも対応が可能になっています。10%以降は「吸収・再攻撃」が付与されるので中途半端な火力で攻撃すると敵体力は回復してしまいます。

土属性の場合は水着ブロがいないと10%以降まともに動けないので、主人公のかばう・全体かばうキャラ等で10%特殊を受けて水着ブロの1アビで2ターン程度動くか、10%特殊を水着ブロで受けて1ターンだけ動くかみたいな所になってきます。いずれにしても火力を出す必要はあります。

6ターン毎の特殊なトリガー

繭状態前

・奥義2,000万:全属性ダメカ無効

・アビダメ2,000万:弱点属性攻撃

・弱体10個:毎ターンランダムに弱体付与

・攻撃60ヒット:攻撃と弱体が必中

繭状態後

・奥義6回発動:防御不可状態

・無属性333万:最大HP2万固定

・アビ12回使用:召喚不可

基本的な予兆は「1,500万ダメージ」なのですが、6ターン毎に特殊なトリガーが発動されます。

予兆を解除できない場合には右側に書いてある状態にされてしまうのでなるべく解除したい所ですが、土属性ではダメカは使用しないので「奥義2,200万」の予兆は解除しなくてもOKですね。

繭状態前の予兆の中でイチバン解除したいのは「弱体10個」の予兆で、アンデッドなどを付与されると回復ができなくて予期しない所で落ちてしまったりするので、なるべく解除したいです。

繭状態後の予兆はどれも解除が難しいのですが、アビ12回使用が来たら召喚できなくなってしまうので、なるべく解除したい所です。HP10%以降に黒麒麟を残す様な場合は解除が必須です。

ちなみに「繭状態前」の特殊トリガーで解除していないものは繭解除後に全て発動され「繭状態後」の特殊トリガーで解除していないものはHP10%後に発動されてしまいます。弱体10個を解除しておかないと繭状態後はデバフまみれで戦う事になるので、なるべく解除しておきたいです。

ただ、野良でやっている場合、トール召喚のタイミングなどで思った様に弱体が入らなくて解除できないとかも全然あります。特に6ターン目に弱体のトリガーを引いてしまうと自分のトール召喚は間に合わないし、そういった部分で運にも左右される部分があるのは覚えておきましょう。

土属性の編成(ロビンフット)

土属性で戦う場合、私の知る限り3種類くらい候補があって、1つがロビンフットで残りがドクターと剣豪です。ロビンフットはアビダメ軸でドクターと剣豪は奥義軸寄りの編成になりますね。

もちろん他編成でもできない事は無いと思いますが、安定しやすいのはこの辺りだと思います。

・主人公(ロビンフット):フォックスリターンズ・アクロバットヴォレイ・リヴァイブ

・水着ブローディア

・ソリッズ

・ムゲン

 

・ロベリア

・カイム

キャラは全体かばう要員として「ムゲン」を採用していますが「アンチラ」や他の全体かばうを持っているキャラとかでも全然同じ役割を果たせます。とりあえず攻撃を受けられればOKです。

ムゲンは味方に消去不可のバフを付与できるのが良い所で、アンチラは消去不可のデバフを付与できるのと味方のHPを回復できるのが良い所です。個人的にはムゲンの方が使いやすいですね。

水着ブローディアはHP75%トリガーと後半の痛い攻撃を1アビで受ける為の要員で、地味に2アビで消去不可の累積防御バフを使えるのも強いです。リヴァイブで無限に生き返ってもらいます

スパバハは戦闘不能が特に影響しないので、ムゲンと水着ブロは主人公のリヴァイブで常に蘇生しておけばカイムがフロントに出る事はなく、入れ替わりで蘇生しておく様な感じになります。

ソリッズはダメージ要員で予兆や繭の解除に全力を出してもらいます。ロベリアも3アビでのダメージ底上げと2アビのアビ加速で予兆解除に力を出してもらいます。この2人が編成の肝ですね。

・ヘラクレス:クリ確用

・アスポン:アビダメ上限

・刃鏡片:クリ確用・HP

・ノーフェイス:与ダメ・堅守

・一期一振:渾身

・ワールドエンド:アビダメ上限

・終末武器:渾身 or 英傑など

・メルヴェイユ:アビダメ上限・HP

・エンシェントバンテージ:堅守

・アンスリア本:クリ確用・渾身

 

・バハ剣:攻刃・HP

・ロベリア斧:攻刃・HP

堅守は2本詰んでる感じで後はクリ確とアビダメを上げる様なコンセプトで武器を組んでいます。ヘラクレスを使っていますが、イシェドもアビダメ上限を上げられるので結構いいと思います。

11本目とか12本目についてはバハ武器・オメガ武器・アーカルム武器・賢者武器から自分に合ったものを入れておきましょう。バハ武器と賢者武器(4凸)はHPも盛れるのでおすすめですね。

・ティターン:雑に全体の防御用

・黒麒麟:繭解除~後半のダメ用

・ウリエル:攻撃バフと奥義ゲージ

・ベルゼバブ:ダメと弱体解除用

・水着マンドラゴラ:弱体用

 

・タワー

・ガレヲン

メインとフレンドは「ティターン × ティターン」ですが、雑にダメージを軽減してくれるので水着ブローディアの1アビを使えていない様な時に召喚しましょう。後半はかなり頼りになります。

黒麒麟は繭状態~後半のHPを削る時に使う形で、アプデ前は2~3枚入れたい所だったのですが1枚しか入れられなくなってしまったので、基本的には繭を早く抜ける為に使う形になってます。

ウリエルはサブ効果的に入れる必要あるので、必要なければガレヲンの所に入れる感じですね。

ベルゼバブはダメージ系の予兆解除にも弱体解除の予兆解除にも役立つのであると重宝します。

水着マンドラゴラは6ターン間隔で弱体に使えるので、弱体10個の解除にも普段からの弱体にも使えて便利です。持っていればクリスマスサリエルとかトール辺りの弱体石でもいいと思います。

土ロビンフットのスパバハのムーブ

まずは初ターンにムゲンを落とす為に、ムゲンの1・2アビを使って他は防御で攻撃しましょう。

2ターン目にはロベリアが登場するので、ロベリア3アビを使った後、水着ブロの1アビだけ使って攻撃しましょう。特別全体かばうを使う必要はありませんがなるべく被ダメを減らしましょう。

水着ブロの1アビは75%で使う必要があるのでそれまでに再度溜めましょう。マルチの速度にもよりますが、75%までに2~3回使える場合が多いです。心配な場合は2回までにしておきましょう。

3ターン目には「1,500万ダメージ」の予兆解除が来るので各種アビを使って解除しましょう。最初は弱体耐性が高いのであまり無いですが、アクロバットヴォレイのスロウが入ると解除できないので、もしアビが足りなくて使う場合は1,500万を削り切るタイミングで使う様にしましょう。

この後は2ターン毎に「1,500万ダメージ」の予兆解除が来るので、もしアビが足りない様な場合はアクロバットヴォレイで遅延させつつ、ロベリア2アビ等も使ってなるべく解除したい所です。

6ターン毎の予兆については弱体10個が来た場合は全力で解除しましょう。フェイタルチェインで1個、バブ石で4個解除できるので、残りの5個を味方アビで解除しましょう。ソリッズ2アビで1個、水着ブロの3アビで2個、主人公のアクロバットヴォレイで2個なので解除ができるはずです。

75%になったら水着ブロの1アビでトリガーを受けて落ちた後にムゲンが登場するので、即座にリヴァイブを水着ブロに使って復活させて、ムゲンの1・2アビを使ってすぐに交代させましょう。

その後は52%まで予兆を解除しつつリヴァイブが溜まったらムゲンを復活させておきましょう。

52%以下になって繭状態に入ったら黒麒麟の召喚を駆使しつつ、1~2ターンで予兆を解除してしまいましょう。繭状態が解除されるとバハの攻撃が痛くなりますが、水着ブロの1アビを使った後に黒麒麟で再度1アビを溜めておけば6ターン(3ターン×2)は何とか耐えられる場合が多いです。

水着ブロが倒されてもムゲンが登場して1ターンは全体かばうで耐えてくれて、その間にリヴァイブを使えばまた水着ブローディアが復活しますし、ティターン召喚などで耐える事も可能です。

その間に何とか全員で10%まで削って、残りを水に任せるというのが標準的な流れになります。

土属性で10%以降を進める場合、理想的なのは10%の特殊ダメを全体かばうキャラで受け、敵の攻撃は水着ブロで耐えつつ毎ターン1000万以上火力を出すという状況です。これはそもそもリヴァイブでタイミング良く蘇生を回せていないと作り出せない状況なので、結構レア度が高いです。

なので、10%特殊ダメは水着ブロで受けるのがスタンダードだと思いますが、その後の攻撃がかなり痛い(吸収あり)ので1000万以上ダメを出せる自信がなければストップしておきましょう。

土属性の編成(剣豪)

・主人公(剣豪):無明斬・ミゼラブルミスト・リヴァイブ

・オクトー

・サテュロス

・水着ブローディア

 

・サンダルフォン

・カイム

基本は奥義で火力を出していくスタイルですが、サテュロスを入れておくと奥義ダメ・奥義ゲージのサポートや防御力を高めて安定感を出してくれるのと、3アビでの弱体2個も良い感じです。

水着ブローディアは75%のトリガーを受けてサンダルフォンと入れ替わってもらい、火力アップに貢献してもらいます。基本的には奥義ダメでゴリ押す感じで予兆に合わせて奥義を打ちます。

・無銘金重:奥義ゲージ用

・ヘラクレス:クリ確用

・アスポン:アビダメ上限

・刃鏡片:クリ確用・HP

・一期一振:渾身

・終末武器:英傑

・メルヴェイユ:アビダメ上限・HP

・エンシェントバンテージ:堅守

・アンスリア本:クリ確用・渾身

・ガレヲンジョー:奥義ダメ

 

・バハ剣:攻刃・HP

・ロベリア斧:攻刃・HP

装備的には奥義ダメを伸ばす編成かつ確クリにしています。個人的にセラステスを持っていないので、もし持っていたらヘラクレス等と変えた方が奥義ダメ的にも伸ばせるのでおすすめです。

・ティターン:雑に全体の防御用

・黒麒麟:繭解除~後半のダメ用

・ウリエル:攻撃バフと奥義ゲージ

・ベルゼバブ:ダメと弱体解除用

・水着マンドラゴラ:弱体用

 

・タワー

・ガレヲン

召喚石の編成や運用についてはロビンフットと全く同じなのでそちらを参照してください。

土剣豪のスパバハのムーブ

土剣豪はロビンフットと違って敵の弱体状況(防御力)によってかなりダメージが変わってくるので、予兆解除の為になるべくトール召喚など弱体が入ってから行動するのがおすすめですね。

バハに弱体が入っていたら、主人公の全アビ・オクトーの1アビ・サテュロスの1アビ・水着ブロの全アビは1ターン目に使って、3ターン目に「1,500万ダメージ」の予兆を解除していきます。

1ターン目は主人公の奥義が発動しますがバブ石で強化されるので奥義オンでOKです。2ターン目は奥義オフにしておきましょう。3ターン目は奥義ゲージとバフの為にウリエル召喚しましょう。

どんどん弱体が入っていったり、バフが載っていくとダメージが安定してくるので、実は3ターン目の予兆解除がイチバン達成しにくい気がします。上手くダメージを調整する様にしましょう。

後は基本的に予兆に合わせて奥義を使っていくだけなので、あまり難しい事は無いです。75%のHPトリガーは水着ブロの1アビで受ける様にして、一応リヴァイブで復活させておきましょう。

6ターン毎の予兆解除については、弱体10個の場合、フェイタルチェインで1個、バブ石で4個を解除できます。残りの5個については主人公のミゼラブルミストで2個、サテュロスの3アビで2個、水着ブロの3アビかサンダルフォンの2アビで2個という感じで解除可能する事は可能になります。

繭状態になってからは黒麒麟とアビリティーを使って奥義を打ちまくりつつ、繭解除後もある意味運に任せて奥義を打ちまくってなるべくHPを削ります。途中で誰か落ちたら裏から水着ブローディアを出せるので、それで追加で3ターンはしのぐ事ができて、さらにダメージを伸ばせます。

まとめ:土属性でのスパバハ攻略の方法と担当するムーブ

今回は土属性のスパバハ編成とムーブについて私自身の具体的な動きを含め解説してきました。

挑戦せずに置きっぱにしている人も多いと思いますが、ルシHLやバブHLと違ってキャラが落ちても迷惑をかける事は無いし動きは簡単なので気軽に自発しつつチャレンジしていいと思います。

装備が揃っていれば水属性や光属性もいいと思いますが、自分が土属性だと確実に防御力を下げられて道中を安定させられる確率を高められるので、個人的におすすめの属性になっています。

関連記事「【グラブル】作るべきオメガ武器の武器種別と属性&おすすめのスキルを解説