【グラブル】金剛晶の使い道おすすめランキング|迷ったらこの召喚石に突っ込め!【使用時期】

グラブルのアイテムの中で「ダマ・ヒヒ・金剛」については使い道に悩む人が多いと思います。

その中でも金剛晶については古戦場の交換レートはそこまで高くないものの、交換在庫もダマ・ヒヒと比べて少なく、掘ったりして気合いで何とかできるものでもないので貴重性が高いです。

そこで、今回は金剛晶の使い道についての個人的なおすすめランキングについて、使用時期等の解説も加えた上ご紹介していこうと思います。金剛を使った後に被る事態は避けたいですよね。

金剛晶の使い道おすすめランキング

第1位 与ダメ系アーカルム石(6種類)

・サブ編成で「与ダメ10%UP」の効果だけで破格に強い

・各召喚石の5凸に金剛晶1つしか使わないのでコスパが良い

・ガチャで被らないので金剛晶が無駄にならない

・5凸する事で十賢者の解放につながる

与ダメ系アーカルム石は「効果・被り対策・拡張性」という3つのポイントにおいて他の召喚石よりも優位性があるので第1位となっています。とりあえず使って後悔しない使い道になってます。

しかも、コスパが良い点も評価できて、各召喚石は金剛晶1つで5凸まで作成できてしまいます。

主にサブ枠に編成する事になりますが、サブ効果は「有利属性に対する与ダメ10%UP」で、天司武器(20%)に加算で全体の与ダメを上げてくれるのでパーティーの火力の底上げになります。

通常攻撃のシングルアタックで100万ダメージを与えていたら、天司武器を入れると120万ダメージになって、さらにアーカルム石を入れると130万になるという事ですね。かなり強い効果です。

この後で紹介する第2位のベリアル石はサブ効果で「与ダメ3万上昇+最大HP30%ダウン」という効果を持っていて、デメリットを持ちつつ上がり幅は最大でも3万なのに比べて、アーカルム石は上がり幅が10%という事でデメリット無しで破格の効果量を持っているのが分かると思います。

さらに、ガチャでは被らないので使った金剛晶分が無駄になるという心配もなく、5凸しないと十賢者も開放できないという事でいつか必ず使う事になるという事からもおすすめ度は高いです。

効果だけでも1位になるレベルなので、他の石を3凸する為に金剛晶を3つ使うのであれば、アーカルム石を3つ5凸するのに金剛晶を3つ使った方が確実に全体での火力の伸び方は良いと思います。

第2位 ベリアル石

・与ダメ3万上昇の効果が強い

・全属性で使い回す事が可能

・サブで使う召喚石なので自分で持っておく必要がある

・サプチケ交換不可なので入手機会が少ない

ベリアル石は最大HP30%ダウンというデメリットを持ちつつ与ダメを3万上昇させることができるサブ効果を持っている事から、全属性のパーティーでサブに入ってくる召喚石になってます。

与ダメ上昇という効果について分からない人もいると思いますが、現状グラブルは攻撃力をいかに上げるかという事ではなく、いかに上限を上げた状態で攻撃力を保つかという所が大事になっていて、与ダメを上昇させるという事は上限も攻撃力も2つとも同時に上げているのと一緒です。

なので、攻撃力を上げるだけ、上限を上げるだけという効果に比べて、ダメージ上限に邪魔されないところで火力を伸ばせるという事が非常に強い効果になっています。他にも「追撃」というシステムもダメージ上限に邪魔されない所で追加でダメージを与えられるので非常に強いです。

だから、最近のグラブルでは「与ダメUP・与ダメ上昇・追撃」などが強い強いと言われますね。

先程のアーカルム石は10%の与ダメUPだったので、100万ダメの時は10万、10万ダメの時は1万を加算する感じでしたが、ベリアル石はどんなダメージの攻撃にも全てに3万加算してくれます。

なので、攻撃の回数が増えたり、追撃が付いたり、多段のダメアビを使ったりという風に攻撃の回数が多いほど効力を発揮します。10回多段ダメアビであれば単純に30万ダメージが伸びます。

また、属性縛りが無いので1つ作成すれば全属性で使い回せるのでコスパが良いという事とサプチケ交換不可なので入手機会が少なく金剛晶を使わざるを得ないという点からおすすめできます。

最近はスタレ等のラインナップに入っている事も増えてきたので、その場面で被る危険性はありますが、被るリスクよりも使った時のアドバンテージの方が個人的には大きいと思っています。

第3位 カグヤ石

・育成やアイテム集めの効率が爆上がり

・2体持っていてもサブ石に使えるから被ってもOK

・サプチケ交換不可なので入手機会が少ない

・良い召喚石を持ってるフレンドが増える

戦力アップを目指す上で色んな方向性はありますが「ランク上げ・レベル上げ・アイテム集め」はグラブルの根幹とも言える部分で、そこの効率を上げてくれるカグヤ石は優先度が高いです。

・カグヤ:ドロ率+経験値UP(30%)

・ノビヨ:ドロ率+経験値UP(15%)

・ラビット:ドロ率+経験値UP(10%)

同じ様な効果を持つ召喚石で言えば、ノビヨやブラックラビット(ホワイトラビット)がいますが、効果が2倍以上違ってくるし、ノビヨは復刻イベが全然来ないので持ってない人も多いです。

さらに、カグヤはサブ効果でも「経験値UP(10%)」を持っていて、カグヤのメイン効果とも共存可能なので、サブ枠にもカグヤを入れれば経験値UPの効果を40%までは伸ばす事が可能です。

という事で2体目までは被ってもOKだし、そもそもサプ不可で入手機会がガチャのみなので被りにくいという点で金剛石を使うのは早ければ早いほど得な召喚石だと個人的には思っています。

フレンドも自然と4凸のカグヤを持っている人が増えていって、そういう人は大抵他の召喚石もいいモノをセットしてるので、フレンドにも困らなくなるという部分も1つのメリットになります。

ちなみに4凸以外のカグヤをフレ枠にセットしておくとめちゃくちゃ嫌がられるので、4凸がない場合は素直にノビヨかブラックラビットをフレ枠にセットしておくのをおすすめしておきます。

第4位 ベルゼバブ石

・メイン運用でもサブ運用でもできる事が増える

・サブ運用した時に高難易度でも強い

・サプチケ交換不可なので入手機会が少ない

もちろん戦力の強化という意味でもサブ枠に編成しておくだけで主人公が強化できて強いんですが、強化というより持っているとできる事が増えるというのがこの召喚石の魅力だと思います。

イベント周回やヒヒ掘りなどタイムが重要になるコンテンツで片面バブ石運用で周回するとタイムが短くなったり、古戦場の肉集めをバブ召喚で周回できる様になったりできる事が増えます。

先程も言った様に、主に奥義軸向けですがサブ枠に編成するだけで主人公が強化されるのと単純に召喚効果が強くて、そういった用途も含めて強力ではあるので金剛を使う価値は高いですね。

フレンド石として借りることはできなく、どうしても持っている事を前提とした編成があると代用もしにくく、今後もバブ石の入った編成は増えてくると思うのでなるべく4凸したい所です。

第5位 天司石

・優先度:ウリエル>ミカエル>サリエル・メタトロン>ガブリエル>ラファエル

・ダメ上限を上げられるので上級者ほど恩恵が大きい

・召喚効果が優秀な石が多い

・サプチケ交換不可なので入手機会が少ない

天司石は各属性のキャラのダメ上限を10%上げてくれる召喚石なので、ダメ上限が重要になってくる上級者ほど恩恵が大きくなります。召喚効果もオリジナル性が高く優秀なモノが多いです。

現状では無凸でもダメ上限を5%上げてくれるのと、召喚石のサブ専用枠ができた事でステータスを気にしなくて良くなったことも含めて優先度は以前よりやや落ちた感じの印象ではあります。

ただ、召喚効果が優秀な天司石は召喚が必要なため編成内に入れる必要があり、ステータス的な意味でも3凸しておく価値は高まります。ウリエルは筆頭で「奥義ゲージ30%UP+3ターン攻防UP(攻撃別枠30%・防御50%)」という効果が非常に強く召喚目的で採用される事も多いです。

他にもミカエルは「スロウ+ディスペル」で高難易度では他の属性でも採用される事も多いですし、サリエル・メタトロンも割と強い効果を持っているので出来れば3凸で持っていたい所です。

特にヒヒ掘りで使っている属性の場合はダメ上限が重要になってくるので、その属性の天司石に優先して金剛晶を使うのはアリだと思います。4凸も発表されているので今後需要は高まります。

追記:4凸の実装でステが強化されたのとダメ上限が15%になりました。召喚効果はそこまで大きく変わってないです。ステ的にも採用しやすくなったのと、特にハルマルはTA10%がサブ効果に付いたので使い道が増えた感じはありますが、順位が変わるほどの変化では無いと思ってます。

第6位 水着ティアマト・水着マンドラゴラ

・サブ石効果で戦力の底上げになる

・召喚効果が高難易度で刺さる

・季節限定石なので被る可能性が低い

基本的にはサブ石枠での戦力の底上げとして使えて、無凸でもそれぞれ弱体無効とディスペルガードが付与され、4凸をする事で1ターン確定TAとストレングスが追加で開幕に付与されます。

また、4凸すると召喚効果も強化されて、スロウの追加と7種類のデバフを付与できるので高難易度で使いやすい性能になります。4凸する事で効果が劇的に変化するので優先度は高めですね。

季節限定の排出なのでサプチケはもちろんガチャで被る可能性も低く、金剛晶が無駄になる事が少ないです。ただ、サブ石効果は開幕での限定的な効果なので短期戦での使用がメインで、召喚石効果も特定の高難易度での用途なので、効果と汎用性を検討するとこの順位かなと思います。

個人的には水着マンドラゴラの方の評価が高く、ゴリラとバフが重複せずに使えるし、ルシHL・スパバハでの弱体枠でも使えるし、早く4凸を持っていて損はない性能をしていると思います。

第7位 ゴリラ石

・土でヒヒ掘りや短期戦をするなら必要な召喚石

・召喚効果のストレングスと30%追撃が強力

土属性でつよばはのヒヒ掘りを考えているのであれば選択肢に上がる召喚石で、メインにしてフレンドの黒麒麟と合わせる事でティターン(神石)が必要なく神石装備で戦える様になります。

フレンドをゴリラにして自分のメインを黒麒麟にすると、土編成の場合、黒麒麟が召喚できないので自分がゴリラをメインにするしかなく、自前で用意する価値の高い召喚石になっています。

召喚効果のストレングスが強く、さらに30%追撃が付くので短期戦で火力をブーストするのに最適です。ただし、サプチケで交換できるので金剛晶を使っても1個・2個が限度かなと思います。

とはいえ、4凸で持っていないと効力を発揮しない召喚石なので、土でヒヒ掘りをするのであれば優先度は高めです。なるべくサプチケで数を稼ぎつつ足りない分を金剛で補う形にしましょう。

第8位 六竜石

・技巧武器の効果をブーストしてクリ確定編成が組みやすい

・フレンド黒麒麟の編成で攻刃や渾身・背水などの効果をブーストできる

六竜石は神石用の武器に加護効果をつけてくれる召喚石でサブに組み込んで運用します。基本的には神石編成で使われますが、マグナ石や属性石でフレンド黒麒麟を使う編成でも使われます。

無凸では10%の加護、3凸では20%の加護が付与される形になって、攻刃等の効果量も上がりますがイチバン恩恵を受けやすいのは「技巧」に関する部分でクリ確定編成を組みやすくなります。

他にも風属性のマグナ×黒麒麟や土属性でのゴリラ×黒麒麟では神石の加護が無いので、イーウィヤ石やガレヲン石で加護が乗ると火力が上がってヒヒ掘りの時間短縮に繋がるので大きいです。

とはいえサプチケの交換対象になるのと、無凸でも充分使える点を考慮すると金剛晶を使う優先度はそこまで高くないです。金剛晶で凸を進めるよりは持っておくことが重要な召喚石ですね。

その他の候補:神石・追撃石

その他で使う候補としては神石と追撃石がありますが、どちらもサプチケで交換可能なのと、追撃石についてはスタレで結構ピックアップされたりしているので優先度は低めかなと思います。

神石については装備が揃って移行できる状態であればモチベがかなり上がるので、そういう状態であれば使うのも全然アリです。ただ、上記のおすすめ石を合わせて真価を発揮するみたいな部分もあるので、どの位マグナよりも強くなれるのかある程度考えた上で使うのがおすすめです。

金剛晶を使う召喚石の選び方

ランキングも含め完全に個人の意見ですが、こんな感じで金剛晶を使う召喚石は選んでいます。

そもそも前提として「召喚効果・メイン効果・サブ効果が強い」という召喚石にしか金剛晶は使わないという事があり、その他に「ガチャで被りにくい・入手機会が少ない」というのが比較的上位にきて「汎用性が高い・編成の幅が広がる・戦力の伸び率が高い」という要素があります。

例えば、上記のランキングで1位のアーカルム与ダメ石と4位のベルゼバブ石を比べてみますね。

パッと見の要素の数だとバフ石の方が多いので優先度が高そうですが、アーカルム石の要素はそれぞれ重いので最終的な優先度としてはアーカルム石の方が高いという様な形になってきます。

本当は大前提としての召喚石の強さだけで決めてもいいのですが、強くてもサプチケで入手できたり、特に限られた場面でしか使えないのであれば金剛晶の使用優先度としては低くなります。

その点、アーカルム与ダメ石は召喚石としての強さも最上位で、さらにガチャでの被りも無く、賢者の取得という戦力の伸び幅の大きな部分に関連しているという事で優先度が高くなりです。

金剛晶を使う時期について

金剛晶は使いたい時に使うのが良いとは思っている派なんですが、10連以上ガチャが行われる時期とその前の月はなるべく避けるのがおすすめですね。具体的に言えば下記の期間になります。

・2月+3月(周年イベ)

・7月+8月(夏イベ)

・11月+12月(年末イベ)

理由としては無料のガチャで被る可能性があるという点とアプデで環境が変わる可能性があるという点で、金剛晶を使った直後のガチャなどで召喚石が被るとかなり気持ち的に落ち込みます。

ただし、そんな事を言っていると1年の半分は金剛を使えないみたいな事にもなりかねないので、自分がメインに楽しもうというかモチベが上がる使い方ができるモノに使うと良いと思います。

金剛晶の入手方法と在庫

・勲章交換:無限

・天上のトロフィー交換:2個

・アーカルムポイント交換:7個

・モバゲー特典ポイントショップ:1個

・金剛晶の欠片交換:3個

金剛晶のゲーム内での入手方法としての在庫は上記の通りで、勲章交換以外で比較的簡単に手に入る在庫数は少ないのが分かると思います。ヒヒだと15個までは四象降臨で交換が可能なので。

ちなみにモバゲー特典ポイントショップは10モバコインで1ポイントで2万ポイント必要なので、モバゲーでのログインで20万円分を課金していると1個入手できるという感じになっています。

なので、基本的には古戦場で勲章を集めて交換して入手するというのが入手方法になってきます。あとはゲーム外でのグッズ課金で入手もできますが、金剛晶を選ぶのかは悩みどころです。

上記の2つは特典として「セフィラ玉髄・金剛晶・ヒヒイロカネ・ダマスカス鋼」の中から1つ選んで入手する事ができるので金剛晶も対象ですが、勲章交換のレート的にはヒヒイロカネ(450個)かセフィラ玉髄(500個)を選ぶのが無難で、なかなか金剛晶を選びにくい所ではあります。

※グラブルバーサスのゲームはPS4を持っていないと特典を入手できないので注意が必要です!

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

逆にマナリアフレンズの1巻・2巻を購入するとそれぞれダマスカス鋼と金剛晶が入手できて、両方買うとヒヒイロカネが手に入るので、少し値段は張りますが安牌で3つ手に入る形になります。

まとめ:金剛晶の使い道おすすめランキング

今回は金剛晶の使い道としておすすめの召喚石についてランキング形式でご紹介してきました。

在庫数を見てもらうと、比較的簡単に入手できる金剛晶はアーカルムポイントで交換できる7個だけなので、おすすめした与ダメ系のアーカルム石の6種類を上限解放すると1個しか余りません。

しかも、アーカルム石をSSR化する段階に辿り着くまでにも色々素材が必要なので、その間に金剛晶を使わずに溜めておくというのも実際しんどいと思います。なので、おすすめしましたが基本的には自分のモチベーションが保てる様に使うのがイチバン良いと個人的には思っています。

今回はあくまでも効率よく強くなるという観点でおすすめをしていますし、グラブルをやめてしまったら結局意味が無くなってしまうので、モチベをベースにして考えて使っていきましょう!

関連記事「ヒヒイロカネ掘りのおすすめ編成・動き方・ドロップ率を解説|入手方法・使い道